ホーム » 国内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

夫の趣味(フィギュア)を勝手に捨てた妻にバッシングの嵐

1月8日に「やまとナゼ?しこ」という
バラエティ番組が報道されました。

それは男性と女性にはどんなギャップがあるのかを
見つけていくという誰でも興味を抱きそうな
ちょっとあたらしいテーマの番組です。

司会は雨上がり決死隊の二人。

宮迫博之は去年胃ガンであることが発覚し
手術をしたばかりですが無事復帰できて
よかったと思います。

中には復帰が早すぎるという声も出てますが
ドクターストップもなく本人が望んでいるなら
特に問題ないような気がします。

家で寝てるより何かに取り組んでたほうが
人間は生き生きするものなので。


それはさておき、
その番組内で紹介された事例が
ネット上でちょっとした話題になっています。

ある家庭にジョジョの奇妙な冒険のフィギュアを
集めている男性がいました。

取材陣は夫婦にフィギュアを保管している
部屋まで案内されますがいざ見てみると
なぜか数体しかありませんでした。

旦那さんは数多くのフィギュアを集める
熱心なコレクターのはずなのでおかしいですね。

それでスタッフが残りはどこかと尋ねると、
なんと妻が勝手に捨ててしまったとカミングアウト!



それで一番驚いたのは夫です。

なぜなら収録日までそのことを知らなかったからです。


呆然とする夫を尻目に妻は捨てた理由をこう説明します。

フィギュアを集めても自分で掃除しない、と。


そのことでネット掲示板などで
バッシングが吹き荒れているのです。

他人のものを勝手に捨てる神経がわからないとか
趣味も理解したうえでの結婚じゃないのか、など
するどく厳しいツッコミが満載です。

中には妻の言い分もわからなくはない
という意見もありますが
やはり勝手に捨てるのはよくない
と付け加えられたりしています。


何かのトラブルを防ぎたいなら
いろいろ勉強しておいたほうがいいかもしれませんね。




男と女のコミュニケ-ション・ギャップ [ 中田太郎 ](楽天ブックス)


いろんな男女の違いが載ってて面白いです
スポンサーサイト

人命より金を優先している中日本高速道路|社員の年収は○○○万円!

前代未聞の事故が起きてしまった山梨県の笹子トンネル。

管理している中日本高速道路は
天井版を吊り下げていた金具(ボルト)が
劣化していたかもしれないとコメント。

それはそうである。

笹子トンネルが開通したのは1977年で
それから一度も交換していないうえ
点検はただ見るだけだったのですから。

老朽化の保全には金がかかるともいってますが、
そこにお金をかけないでどうするのでしょうか。

それは完全に手抜き・逃げを象徴した発言です。



いろんな問題が浮上してきたので
山梨県警が家宅捜索に入っています。

どんどん問題点を指摘してほしいと思います。


ちなみにお金がかかるといっておきながら
会社の経営は全く危なくないという状況も明らかに。


2012年の3月期だけでも売上は6000億円あり
利益は去年より5%も多い69億円を記録。

社員の年収は800万円もあると言いますから
補修する力は十分有していると思われます。


にも関わらずメンテナンスには
5億円しかかけていなかったといいますから
はっきりいってブラック企業といわざるをえません。


あと子会社や関連会社は35社もあります。

道路はこれまで官僚が設ける道具として利用され
ファミリー企業を次々と作って政治家のよりどころとし、
人命を守ることを名目に稼ぎの一つとしていた、
という疑惑もあるのです。


これからは新しい道路を作る前に
既存の道路やトンネル・橋の点検に全力を注がないと
東電並に信頼が失墜する可能性が十分にあると思います。



去年からいろいろ指摘されてたのですが
おそらく全く関係者は見ていないでしょう。





朽ちるインフラ(楽天ブックス)


良いアイデアもあると思うのですが。

ブラック企業の巧妙な採用法|お金をかけてとりあえず学生を集める

12月から本格的に2014年春卒業する予定の
学生の就職活動が始まりました。

相変わらず就職が厳しい状況が続いているので
多くの学生が必至になっていると思います。

しかし企業をしっかり選ぶことは
かなり注意したほうがいいです。

会社に入ること自体が難しいので
とりあえずいろんなところを受けないと
いけない現状はありますが、
それでもしっかり選定する必要があります。

なぜかというと表面上だけイメージをよくする
ひどい企業もたくさんあるからです。


いわゆるブラック企業といわれるところは
広告にドンとお金をかけてデザインを重視し
とにかく印象だけを良くしているのです。


たまに非常に凝った採用ページや
効果音までまめに作っているサイトを
みたことがないでしょうか?


もちろん全てが悪徳企業じゃありませんが
そこまでする必要性を感じないと思ったところは
少し注意したほうがいいかもしれません。


また、文章にも注意が必要です。

例えば残業をしている人が多いというのを、

みんな仕事が楽しくてなかなか帰ってくれない

などと言い換えてる場合もあるのです。


今のご時勢というかいつの時代も
そんな社風はあるのだろうか?と
直感的に不信感を抱く言い回しです。


実際あるブラック企業の人事担当は
金さえかければ学生が集まると
意味深なコメントを残してるので
注意が必要なのは確かです。


要はとりあえずインパクトを出して
おびき寄せるという作戦です。



新卒で就職しても3年以内に
辞める人が多いのは単に根性がない
ということだけでは済まされない
裏事情が隠れている感じです。


学生は就活サイトを活用するまえに
この本を読んでおいたほうがいいかもしれません。




あらゆる就職情報は操作されている(楽天ブックス)


実際に起こっている実例や
ブラック企業のやり口も知ることができます。

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。