ホーム » 2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

チリ大地震により津波警報がでました

南米のチリで発生したM8.8の大地震が発生し、気象庁が津波注意報・警報を発表されました。


最も早い到達は午後1時半頃。(小笠原諸島などは1時頃)
警報、注意報は主に太平洋側で、大津波警報が東北北部沿岸
北海道沿岸に警報がでています。

そしてあまりみたことがない沖縄地方にも警報がでています。
日本地図の半分以上の沿岸が警報と注意報がでています。


大津波警報がでたのは北海道南西沖地震以来17年ぶりだそうです。
高いところでは3メートルの津波が予想されていますが、
大潮と重なるとさらに高くなる恐れがあります。


そのほかの地域では50センチ~2メートルと予想されている。
津波は1メートル以下の小さいものでもすごい力があるので、
沿岸に近づかないようにしましょう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100228-00000017-mai-soci
スポンサーサイト

キム・ヨナなどのフィギュアスケート採点法に疑問の声多数

人が集まり、注目されることには何かしらの思惑が交差します。


先日全世界の注目の的となったバンクーバー五輪女子フィギュアスケートですが、
その採点方法に疑問を感じている人は少なくないという。


キム・ヨナの演技はすばらしかったのは誰しも認めるところでありますが、
総合228.56点は予想外に高い数字。


今回の論争の中心は選手個人にではなく、採点方法にある。
特にジャンプの採点である。
浅田真央が飛んだトリプルアクセルは最も難しい技ですが、
その評価が現在の方法では低いというのだ。


男子の競技についてもこの問題がおきている。
優勝候補筆頭といわれたロシアのプルシェンコ選手は
4回転を決め、他の演技も大きなミスがなかったが2位。
本人は不満をあらわにしていました。


特にネット上ではジャッジへの批判が多い。
ジャッジを除けばすばらしい大会だったというようなコメントもある。


たしかにそういう印象をうける今大会でした。
人間が判断するものはこういう不透明なことが起きますね。
変なことがあったとしたら、全て知りたいです。

フィギュアスケート女子トップスリー決定 浅田真央は準優勝

バンクーバーオリンピック フィギュアスケート女子の決着がついにつきました!

優勝はキム・ヨナ 浅田真央は銀メダル 銅メダルはカナダのロシェット。

キムヨナはショートプログラム1位をとると優勝できないというジンクスを見事破りました!

浅田真央はオリンピックでは前人未到であったトリプルアクセス×2をきめるも、
わずかにミスがでて、20点以上の差をつけられ2位に。

ロシェット選手もすばらしく、細かな原点はあったものの3位に。


そして安藤美姫さんは5位、鈴木明子さんは8位。
アメリカ代表として出場した長州未来は4位につけた。


日本人が全員8位以内に入るという快挙も達成です!
フィギュアのレベルがどんどんあがってたのしくなってきましたね。


あと個人的に注目していたのがカナダのロシェット選手。
彼女は大会期間中に母が急死してしまうという不幸に見舞われました。
しかし、それでもしっかりとした演技をして見事銅メダル獲得です。
心からおめでとうといいたいです。


個人的に夏のオリンピックのほうが好きですが、
冬のオリンピックも今回のバンクーバーでかなり好きになりました。
楽しみがふえることはいいですね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100226-00000007-maip-spo

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。