ホーム » 2010年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ウェルかめ史上最低視聴率を記録したワケ

つい最近おわった
NHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」ですが、
視聴率最低を記録してしまったようです。


ビデオリサーチの調べによると、
総合テレビの期間平均視聴率は関東で13.5%、
関西では10.8%で朝ドラ史上ワースト記録だったようです。


ウェルかめは、朝ドラのヒロインで史上最強の巨乳
といわれた倉科カナさん
がヒロインの波美役を演じました。


徳島の出版社でがんばるヒロインの
姿を描いた作品だったのですが、


作家の麻生千晶さんによると、
内容も史上最悪、皆で集まってヒロインを温かく見守るなんてありえない、
ステレオタイプの人間しか描いていない、全部うそっぽい。

とばっさり・・・

倉科さんはミスマガジングランプリをとり、
Fカップで話題の人でしたが、
どうやら内容やキャスティングにも問題がありそうです。


都会的タイプの石田賢より、
関西の俳優を起用すべきだ、などの声も。

しかしこれからの倉科さんなどの逸材を批判するのは酷
という声も聞かれます。


そしてつい2日前にはじまった新ドラマ「ゲゲゲの女房」ですが、
初回視聴率が14.8%(関東)、10.1%(関西)と
これまたワースト記録をたたき出してしまったとか。


放送時間を15分繰り上げての放送にしたとのことですが、
視聴率低迷の原因は明らかにそこではない気がします。


おしん以来大ヒットしたのは聞き覚えがない気も・・
スポンサーサイト

キムヨナに新たな疑惑が浮上 会見中に睨みと唾?

また驚きの疑惑が浮上しました。


いろいろなことをいわれつつも
無事終わった世界フィギュアスケート選手権。


昨日表彰台に登った浅田真央選手、キムヨナ選手、
そしてフィンランドのラウラ・アンネリ・レピスト選手
の記者会見が行われました。


その記者会見中にキムヨナさんが
バッグから携帯を取り出しメールを打っている
かのような行動をとっていたとして
ネットを中心に話題になっているようです。


そしてそれだけでなく、

携帯をいじっているキムヨナさんに気づいた
レピストさんがキムヨナさんをじっとにらみ付け、
それに気づいたキムヨナさんも負けじと睨み、
唾を吐いて威嚇したという噂が流れているのです。



映像を見る限り、

明らかに携帯か何かをかばんから
取り出して下を向いているところと、
レピストさんがキムヨナを見ているところ、
キムヨナさんがレピストさんを見ているところは
確認できるものの、唾を吐いたかどうかはわかりません。

(一瞬首を横に振っているのはわかりますが)


もしこれが事実ならかなりの問題行動として
取りざたされることはまちがいありません。



ネットユーザーからの反応では、
唾は吐いてなさそうだが、
ケータイをいじることは許容できないマナーの悪さ、
がんの飛ばし合いも唾もなく、こじつけに過ぎない

など様々な意見が飛び交ってる模様。


まさに今季は疑惑に始まり疑惑に終わる
といったところでしょうか。
唾とにらみ合いの真相は不明ですが、
キムヨナさんのマナーについては今後も
あれこれいわれそうな感じです。

亀田史郎 ライセンス剥奪の可能性浮上 原因は暴言

一昨日の27日、WBC世界フライ級タイトルマッチが
行われましたが、試合の判定に納得いかず、
亀田史郎氏が暴言を吐いたことが問題になっているようです。



東京の有明コロシアムで行われたタイトルマッチは、
亀田興毅 VS ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)
という対戦カード。
試合はポンサクレックが2-0の判定勝ちで、亀田選手は王座陥落。


問題はこの後。
この試合では偶然にも2回のバッティング(お互い1回ずつ)があり、
その減点数が亀田側が2回分の2点を取られたとして
父である亀田史郎氏が激怒

※バッティングとは頭、肘、肩などで攻撃する反則行為。



史郎氏はJBC(日本ボクシングコミッション)の安河内事務局長、
タイ人のタンガラジャ氏、メキシコ人のレフェリーであるガルシア氏を
控え室に呼びつけ抗議。



メキシコ人のレフェリーが減点2をとった!
安河内が見てみぬふりをした!クビとったる!


などと暴言を吐いたそうです。



減点する場合はジャッジに確認するのだが、
2回目はそれがなかったそうで、ガルシア氏は謝罪。
ただこの減点により勝敗は変わらないようでした。




そしてこの暴言が後に大問題となっています。
安河内事務局長は行き過ぎた抗議があったとして、
JBC倫理委員会やWBCからの依頼により、
事情聴取の可能性が出てきたというのです。


この事態は前代未聞とか。
下手をすればライセンス剥奪の可能性もあるそうです。


史朗氏のセコンドライセンスは、
3年前の亀田大毅と内藤大助戦の反則行為の
責任をとって現在まで無期限停止処分となっています。


本人はどこかでやってしまった・・・と思ってるかもしれません。
熱くなると理性が効かなくなるので、
十分注意したほうがいいですね・・。
亀田家の問題はまだまだ消えそうにありません。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000030-spn-fight

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。