ホーム » 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

サーシャ・グレイの過激すぎる映像が公開 どんな女優さんなのか

サーシャ・グレイの過激すぎる
映像が公開されて話題になっています。


それはスティーブン・ソダーバーグ監督の
映画「ガールフレンド・エクスペリエンス」に
主演として出演したサーシャの完全18禁動画。


世界中の男性をとりこにした
テクニックの数々が収録されており、
これまで8万回以上も再生されてるそうです。


映画の公式サイトには
水玉模様が400個ほどある
デザインですが、


そのどれかが入り口のリンクに
なっている隠しボタン仕様。
あまりに過激なため年齢認証があり、
女性にはおすすめできないそうです。



ボタンを見つけるのは
案外簡単でした。



映画の内容はリーマンショック後の
ニューヨークが舞台で、
コールガール役のサーシャが
お金や性にほんろうされる姿を
ドキュメンタリータッチで描いている。


全米では去年すでに公開されていて、
日本では7月3日から順次全国公開。



ソダーバーグ監督はこれまで「セックスと嘘とビデオテープ」などを手がけましたが、
今回の映画は過去最高傑作との呼び声が高いとか。


サーシャは全米NO1ポルノ女優と
いわれるほどの人物なので、
それもまた話題になってますね。


2008年にはポルノ界のオスカーといわれる
AVN賞の最優秀女優賞を史上最年少で
受賞するなどすごいセクシーな人物。



男性受けの印象が強そうな作品ですが、
ここまで話題になると女性も
気になってみたくなりそうな気もします。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000005-flix-movi
スポンサーサイト

パラグアイ戦の結果と観客が少ない理由

パラグアイ戦にて惜しくも
敗れてしまいました。


前日11時前にキックオフした
日本VSパラグアイの試合。


どちらも得点を決められないまま
延長戦も終わってしまって
PKにまでもつれ込みます。


どちらも順調に決めていきましたが
3人目の駒野が惜しくもバーにあたり、
パラグアイが勝利しました。


あまりにも惜しかったので
日本中が落胆したことでしょう・・・



サッカー解説者のセルジオ越後は
Twitter上でコメントを出してます。


これが日本の力。

守ることができたけど攻めはダメ。

120分間守りきった感じだった。

明らかに力はパラグアイの方が上

川島のファインプレーがなければ
(PKにいかず)負けていたよ

攻撃力が乏しいのでそこが課題に残った

守りは世界レベルに達したかもしれないが
サッカーは守りだけじゃないからね。



ベスト16になってよかった、歴史ができた、
惜しかったでは先がない。
たりないところを考えないと進歩はない



確かに序盤からボール支配率でも
パラグアイのほうが圧倒的で
日本の危ないシーンのほうが目立ちました。


日本も非常に惜しい場面が
あったので、それを思い出すと
また悔しくなります・・・



ところで世界一危ない国といわれながら
すごい盛り上がりを見せるワールドカップですが
決勝トーナメントは空席が目立つらしいです。


実際今回の試合のときも
ブブゼラの音が予選より
小さいと感じました。


それは一部の転売組織から売られた
チケットをFIFAが認可せず、
無効にしたからだそうです。



日本は負けてしまいましたが、
今後の試合もいろんな意味で注目です。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000222-yom-spo

千原ジュニアにお笑いセンスなし?すべらない話の問題より

千原ジュニアさんの
すべらない話でのエピソードで
ネット上が大炎上しました。


きっかけは人志松本のすべらない話で
木村祐一さんが10数年前、
女性に凍った鶏肉を投げつけた話をしたこと。


それに対して2ちゃんねるでは

>傷害罪だろ

>こいつらこんなことしてばっかり

>おもしろくない話だった

>吉本芸人のレイプ疑惑が本当に思えてしまう

>それを放送したテレビ側も悪い


などなど批判だらけです。



あと以前にもトーク番組で

飲食禁止の美術館でフリスクを
食べたところ職員に注意され、
それ本気で言ってるのか!
怒った話をしたところ、


それに対してもネット上で
非難されたこともあるので、
地味に評判はよくない様子です。


ある芸能ライターの話によると、


いちいち発言意対して苦情を言うのは
不必要な規制につながるので
ある程度許容されてもいいが、


千原ジュニアの発言は
笑わせるものでなく
呆れさせるものが多い。


正直彼の笑いのセンスがあるか微妙


面白そうに話す技術は立派だが
お笑いの技術は話術だけじゃない。


話のセレクトを失敗することがおおく
ほとんど悪質なクレームの話です。


特別おもしろいオチがなく、
本人が一番そこに気づいていない。



このようにバッサリ切り捨ててます。


ダウンタウンの松本さんの
お気に入りといわれているので
今のところは安定していますが
今後はどうなるかはわかりません。


そこまで彼ばかりに
注目してないのでわからないですが、
クレーム話が多いというのが
ちょっと気になりますね。


学生の頃は引きこもりを
していたことは結構有名ですが、
常日頃何か不満がたまっているのでしょうか。


「14歳」をみれば
何かわかるかもしれない。

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。