ホーム » 2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ノストラダムスの大予言は実は2012年の冬だった!?

予言といえばノストラダムスが有名です。

ノストラダムスは1503年生まれなので
500年ほど前の人物なのですが、
ナポレオンの誕生、2つの世界大戦、
ヒトラー出現、ケネディ暗殺など

数々の大事件を予言で的中させたと
いわれているすごい人物です。


そしてノストラダムスといったら
1999年に人類が滅亡するという予言が
最も有名かと思いますが、
実はそれは間違いだったというのです。


当初は何も起こらなかったので
ほとんどの人は予言がはずれた、
または予言などあてにならないと
改めて思ったかもしれません。


しかしノストラダムスはカバラ数秘術という
計算方法で予言を記していたそうですが、
解読を間違って13を足し忘れた、
という説もあるといいます。


つまり1999+13=2012年が
世界が終わる年だというのです。



そして興味深いのは最近新たに
発見された予言絵画です。

それにはローマ教皇暗殺未遂や
9・11テロといった
世界的大事件が描かれていたのです。

さらに現代は魚座の時代で
3種類の太陽に関する天体現象が
起こるのが2012年の冬だといいます。


予言には続きがあったのです。


2012年といえばマヤ暦も
一時話題になりましたね。

それは2012年12月22日に人類は
壊滅的な大破局を迎えるという予言ですが、
妙に時期が一致してるのが恐ろしいところ。


しかしマヤの予言も間違いで、
本当は2020年の春が危ない、
という説もあります。


どれが真実なのかは確かめようがないですが
とりあえずあまり取り乱す必要はありません。

現在日本の場合は
あまりにも噂話的な話を広めすぎると
デマを流したとして逮捕される恐れが
高まっているので注意しましょう。



ちなみにノストラダムスは
嫌な予言ばかりではなく
人類が生き残る希望も示唆しています。

それはノアの方舟を作って難から逃れろ

というのもの。

もしかしたら天体現象ということで
宇宙船を指しているのかもしれません。

………………………………………………

あと予言的な情報は
他にもいっぱいあるようです。



絶望の大予言ミステリー 人類滅亡まであと1年!

終わりの予兆があるようですが、
もちろん信じる信じないはあなた次第




楽天ブックスから。
スポンサーサイト

放射性物質を99%カットできるN100マスクが売り切れ続出

枝野官房長官が福島原発から
20km圏内を視察した際に
身に着けていたマスクが
流行っているとのこと。


そのマスクの名は通称N100マスク。

アメリカFDA(米国食品医薬品局)が
認可したすごい性能のマスクです。


ただ売り切れするドラッグストアが相次ぎ
入荷も遅れている状況なので
流行っているのは本当のようです。



ではそれはどんなものかというと、
アメリカ製のN100マスクは
防塵マスクの最高峰といわれています。

そのため作るのが難しいのか、
アメリカでも業界トップである3M社を含む
5社しか作れない程の代物だそうです。



よくあるウィルス99%カットや
水マスクといった類のものとは
全く違うものだといいますが、
それを聞くと納得しますね。


何もそこまですごいマスクを
慌てて買う必要はないのではないか、
と思う人もいるかもしれませんが
油断しないに越したことはないと思います。


いまだに連日のように
福島原発のニュースを見るので
まだまだ深刻な状況にあります。


そして先日話題になっていたとおり、
東京電力の危機管理能力
内部告発以降かなり下がっており、
対応の遅れがかなり批判されています。


この深刻な状況でもボーナスを出すという
よくわからないこともしている
ので
原発問題は常に用心したほうがいいと
個人的には強く思います。

………………………………………………

話題のN100マスクですが、
ネットだとふつうに買えます。

探してもなかったという場合は
ネットを見てみるといいでしょう。

ちなみにおすすめはN100の中でも
最高級品といわれる「3M社8233N100」です。




3M 8233 N100 マスク (5枚)
(アメリカ純正品)


0.1~0.3μmの微粒子を99.97%以上除去できるので
放射性物質もほとんどカットできるほどの性能です。



お得.US 楽天市場店より。

東京電力の危機管理能力が低下した原因は内部告発

説得力があると評判になっている
大前研一氏が東京電力の危機管理能力が
低下した理由を指摘して話題になってます。

大前氏によるとその一因に
旧自民党政権との癒着構造があるといいます。


旧自民党政権は電力会社を
景気対策の道具に使ってきたというのです。

景気対策で2000億円必要となると
予算を組まずに東電や関電をよびつけ
2000億円分の設備投資を要求し、
電力会社は不要不急のハコものをつくる。

ということを繰り返してきたそうです。


よってその協力の見返りとして
電力会社の監督の目が甘くなりました。

電気料金は世界標準の2倍の額を認め、
原発の安全審査を厳しくする変わりに
住民対策ができていれば認可する、


などのことになっていったという。


そして政府は原子力産業を推進しつつも
地元住民の説得を全て電力会社に押し付けます。

電力会社は説得にひたすらカネをばら撒いて、
受け入れた自治体には原子炉がどんどん
増えていきました。

その結果福島原発や新潟の柏崎刈羽原発のような
1箇所に6基や7基も原子炉が集中する
ゆがんだ構造を作り上げてしまいました。



そして1979年のアメリカの
スリーマイル島原発事故問題が
さらに問題を生み出すきっかけになります。

その事故によりアメリカでは
新たな原発を作ることが出来なくなり、

GE(ゼネラル・エレクトリック)の
原子炉エンジニアがいなくなって
技術力に加え会社としての推進力も
低下したと思われます。


その影響が次第に大きくなったのか、
東電はGEとの密接な関係が崩れ、
GEの下請けエンジニアから
圧力容器にヒビ割れがあることを隠している!
と内部告発を受ける結果になります。
(2002年)


それが大問題となって
当時の会長や社長、常務などが
辞任に追い込まれました。


それから東電はその問題以降
原子力エンジニアを嫌うようになり、
経営陣の大半を人事や総務など
事務系の人間が占めるようになりました。


(ちなみに現社長の清水正孝氏も
その典型例だといいます。)


つまり原発の内部構造をよく知る人物が
上層部にいないことから東電の危機管理能力が
低下することに繋がったのです。



この話題をきくと福島原発の問題は
人災もかなり含まれてると思わされます。




福島原発人災記 安全神話を騙った人々


さっそく東電以外にも
政府や関係機関などの責任ついて
追求する書籍がでていますね。

騙る(かたる)とは
だます意味合いを含んで語ることです。




楽天ブックスは送料無料です。

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。