ホーム » 2012年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

田村淳が警官2人組みの態度に激怒|賛否両論うずまく炎上状態に

ロンブー田村淳が警察官と口論になったことが
ネット上でかなり話題になってるようです。

彼はロックバンドのジュアルケービーを率いてますが
その宣伝とライブチケット販売していました。

そこに警察官の男女2人が
駐車違反を取り締まりにきましたが
生配信のための道路使用許可を求められ
口論になったのです。

淳はパソコン配信に許可がいるんですか?
許可を取りなさいっていわれてないけど?
ルールを教えてくださいと食い下がります。

しかし、テレビに出てる方ですから
周りの目もあるので・・・といわれ
さらに熱くなってしまいます。


また、女性警官があなたの名前を存じない
といったことから火に油を注ぐ形に。


口論が終わった後、
淳は警官の上からものを見る態度が
気に入らないと愚痴をこぼしますが、
それらの言動に賛否両論が巻き起こった

という流れです。


単なるクレーマーという声もあれば
たしかに警官の態度はむかつくと擁護する声、
そしてどっちもどっちという人もいます。


あなたはどう思うでしょうか。

個人的には結局どっちもどっちだとは思いますが
やはり上から目線は相手を逆なでしやすい態度なので
気をつけたほうがいいと思います。




「上から目線」の構造 [ 榎本博明 ](楽天ブックス)

この本に事例がたくさん載っているので
心理的にそれがまずいのは確かです

スポンサーサイト

犯罪者に聞く防犯テクニック|襲われる距離・泥棒に入られやすい家

最近はパソコンのIDやパスワードを盗んだり
遠隔操作ウィルスなどのサイバー犯罪が目立ちますが
もちろんアナログな犯罪もたくさんです。

たとえば泥棒や通り魔です。

あんまり報道されないですが
実際は毎日起きてると思われるので
気をつけたいと思うものですが
具体的にどこを気をつければいいのか。

今日はそんなお話をしたいと思います。

犯罪者はどこに目をつけているか
という本がとても興味深い内容になっています。

それは防犯のプロのノウハウではなく
実際に犯罪をしたことがある人に
インタビューしているのです。


まず通り魔についてですが、
多くの路上犯罪者はターゲットとの距離が
20メートル前後になると、
何かを起こす決意を固めるといいます。

ということでなんとなく怪しいと思った人とは
電信柱の間隔以上の距離を保ったほうがいいでしょう。



次は空き巣や強盗についてですが、
猿の義ちゃんと呼ばれた天才的な大泥棒によると、
隙がある家を狙うらしいです。

ゴミが散らかっていたり
庭の草木が伸びっぱなしだったり
塀に落書きなどがあったりすると、

この家は油断があるから入りやすい
と判断するらしいです。


つまりまずするべき防犯は
家の周りを綺麗にすることなのです。



もし泥棒に入られて鉢合わせなったら
なるべく肌が露出しているところを
噛み付くのが有効な攻撃法だそうです。

噛む力はものすごく強く
猿の義ちゃんも1度それをやられて
悲鳴をあげたことがあるそうです。

その相手は70を超えるおばあさんですが
それほど噛む力はすごいんですね。



泥棒が武器をもっていたら危険なので
安易に噛めばいいと思うのもあれですが
覚えておいて損はないでしょう。





犯罪者はどこに目をつけているか [ 清永賢二 ]
(楽天ブックス)


ちなみに釣り糸センサーの作り方も載ってます。

猿の義ちゃんもこれは盗人泣かせだ
と言ってるくらいなので効果はかなりあると思います。


無理に高い防犯グッズを買わなくても
出来ることはいろいろあるんだってこともわかりますね。


一度空き巣に入られた人は特に読んでおいたほうがいいと思います。

ananでガンダム・マクロス特集|表紙がエロくて買いづらい

女性週刊誌で有名なan・anで
めずらしい特集が組まれたようです。

それはガンダムとマクロスです。

働く女子のガンダム、恋する女子のマクロス
というタイトルで表紙を飾っています。

内容はガンダムの主要キャラや
マクロスFのキャラを当てはめて
付き合い方や三角関係の制し方などとなってます。

例えばシャアを社内恋愛の危険人物としてみたり
ミライ・ヤシマが最もモテないということで
職場モテ力のメインキャラにしてみたり
アンアンらしいアグレッシブな内容になってます。



ファンでもそうでない人でも
地味に気になる内容になってると思いますが
問題はちょっと買いにくいこと。

表紙は仲里依紗が胸の谷間など
露出度が高いかっこうになっているので
ある意味エロ本のような雰囲気です。


それでヲタ(オタク)の方々は、

内容が気になるけどそんなときに限って特集が
手に取りづらい

買いたいけどかなり買いづらい特集が組まれている


などと悶々とされている模様。





anan(アン・アン) 2012年10/31号 / マガジンハウス



ちなみに特集というのは美乳について

乳首の画像がたくさん載っているので
たしかにちょっと立ち読みもしにくいかもれない


恥ずかしい場合はネットが便利ですね
(楽天ブックスだと送料もかかりません)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。