ホーム » 2013年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

テルマエ・ロマエの原作使用料があまりに安いと話題|○万円!?

テルマエ・ロマエという映画を覚えているでしょうか?

上戸彩と阿部寛が主演のヒット作の一つで
58億円もの興行収入を記録した映画です。

売れない映画は5億円もいかないので
そのすごさが実感できますが
その原作者であるヤマザキマリさんが
驚きの暴露をして話題になっています。


通常の感覚ならそんなに売れたのなら
原作者はガッポリとイメージすると思いますが
彼女曰くまったく儲からなかったそうです。

金額にするとなんとたったの100万円だったそうです。

しかもその値段は出版社が勝手に決め
一方的によろしくねといわれたとのこと。

ちなみに映画の宣伝のために動いても
その報酬は全くなく周りから儲かってるんですね
などと聞かれて困ったといいます。


原作者に支払われるお金を原作使用料といいますが
一般的にはあまり高くないと言われています。

が、あまりに安い金額にネット上からは
驚きの非難の声が多く出て話題になったというわけです。


原作者の意向は完全に無視してるから
ひどい実写化が次々と現れている


こうするどい指摘をする人もいます。


なぜそんな状況なのかは不明ですが
もっと原作者を尊重する配慮が必要だと思います。

それを少し実現したのが海猿の原作者である佐藤秀峰。

海猿はいわずと知れたヒット作ですが
70億円ものヒットだったにも関わらず
原作使用料が250万円だったそうでうs。


それで彼は、漫画家はいいように利用され、
映画化したら喜ばないといけないからなめられてる、
とツイッターで吐露したこともあります。



しかし佐藤さんはそのことを教訓に
映画の契約は小学館にまかせず
行政書士に協力してもらったそうです。

その結果、3作目の映画では
原作使用料が10倍になったとのこと。


それでもまだ少ないような気もしなくもないですが
今後はこの流れでいってほしいものです。

原作者がいないとそもそも映画は生まれないものなので
もっと尊重されてもいいと思います。


お金が多く絡むことはイロンナ事情があるのはもはや常識ですね。





実写映画オトナの事情(楽天ブックス)


スポンサーサイト

アメリカテキサス州で馬とセックスした男が逮捕⇒刑務所行き

アメリカは話題の宝庫ですので
定期的に斬新かつ驚きの情報が日本にやってきます。

先日も非常に特異なネタが報道されていたので
そのことについてお伝えしたいと思います。


どんな情報が飛んできたかと言うと、
29歳の男が馬とセックスをしていたという。

その男はテキサス州に住むアンドリュー・メンドーサという名で
事件を起こした当日彼女から電話が来るのを待っていました。

しかし、その後待っても電話が来なかったそうです。

それでやけになったのかどうか不明ですが
突如隣の家に侵入して馬を犯しだしたのです。


住民は警察に通報し、アンドリューは
不法侵入と公然わいせつの罪ですぐに逮捕されました。


男はすぐに馬と性交していたことを認めます。


なぜそんなことをしたのか、
彼曰く、彼女から電話がこなかったら
馬を襲うと予め決めており、
馬人間を作ろうと思ったと動機を語ったのです。


これにはアメリカ人もびっくり、
というか世界中の大抵の人が驚くことだと思います。


その結果、アンドリューは4ヶ月の
刑務所暮らしを命じられてしまいました。


ちなみにテキサス州の公然猥褻罪には
公共の場で家畜も含む動物の生殖器や肛門に
接触する行為も該当するとされてるのでそれまた少し驚きです。

ということは過去にも同じような事件があったのかもしれませんね。


それで少しだけ調べてみたら日本でも
信じられない体験記があるのを発見しました。




禁じられた性体験〈獣姦〉告白集(買う市BOOKS)


どうやら犬が多いらしいですが…



あと驚くことに
聖書にも生々しい人間模様が描かれていました。





聖書に秘められたエロス [ 白取春彦 ](楽天ブックス)


獣姦が多い時代があろうとは

まんだらけのひどい就業実態|徹夜までして残業代がもらえない

本をはじめ多くのレア物の販売や買取で
事業を成功させている「まんだらけ」に
大きなスキャンダルが飛び出しました。

それは従業員に違法な過酷な労働を強いたうえ
残業代を払わなかったというもの。

まんだらけは買い取り額が高く
店の規模も大きく上場もしていることから
高い人気を誇る企業なのですが、
急速にイメージがダウンしてしまっています。


まんだらけは通常昼の12時から21時が
就業時間と定めていますがそれは表面上のことでしかなく、

実際はいろいろな準備があるからと
12時前から出勤するのが通常になっており、

閉店後も荷物の補充やらミーティングやらで
終電に帰ることはザラにあったという。


さらに他店舗の荷物の査定までやらされるようになり
次の日もでなければならないのにおかまいなしで
徹夜で作業をさせられることも増えていきます。

それでいて残業代は一切支払われなかったというので
たまったものではありません。



そんな経験をした万田さんという方は会社を辞めた後、
未払い金を支払うよう東京地裁で民事訴訟を起こしたのです。


その結果、被告(会社)は223万円の支払いを
命じられる形となり原告側が完全勝訴します。



ちなみに万田さんに続くもう1人の元社員の方が
同じ要件で裁判を起こしていますので
今後も続々と続く恐れがあります。


まんだらけは最近1分間の深イイ話に社長が出演していたので
そのときはイメージがよかっただけに非常に残念な事件でもあります。

これではブラック企業といわれても文句はいえないと思います。



あなたがこんなひどい事態に巻き込まれないためには
事前にいろいろ勉強したり調べたりするしかありません。

就職情報誌を見たりハローワークにいくだけでは
全然参考にならないので、例えばこのような
ぶっちゃけた本のほうが為になりますよ。


あらゆる就職情報は操作されている
ブラック企業が仕掛ける就活のワナ

(楽天ブックス)


元就職情報会社の方が暴露しまくっているので
だいぶ参考になると思います。


Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。