ホーム » スポンサー広告芸能 » 日本と韓国の性接待(枕営業)の違い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

日本と韓国の性接待(枕営業)の違い

チャン・ジャヨンさんが
31人に100回以上酒接待、
性接待を強要された

という遺書を残したことで
かなりの衝撃が走っています。

日本の場合はよく
枕営業と言われます。

日本の女優やアイドルも
スポンサーや取引先と
酒席をともにするのは
当たり前にあるそうですが、

それで彼女らが
ホステスの代わりに
使われている感覚は
あまりないだろう、

とある芸能記者はいいます。


枕営業については、

アイドル級が一晩で
200とか300万とかで
枕営業をしているという噂は
常にあるがあくまで噂レベル。

また、売れないアイドルが
キャバ嬢のように枕営業するという
噂もあるがそれほど営業効果が
あるとは思えない。

よほど悪質なところ以外では
事務所が強要なんていうことも
ないでしょうね。


と話します。


ただ表に出ないだけで
女優やアイドルはスポンサー、
テレビのプロデューサー、
映画監督と寝るのは
珍しくないといいます。


バラエティやネットニュースを見てると
確かにそう思わされることが
けっこう見受けられます。


それでも韓国より
悲惨さを感じないのは
韓国の職業差別意識が
強いこと
が関係してそうです。

韓国の芸能人の地位は
低く見られており、
水商売も差別の対象と
なるのだそうです。


どうもそのような営業スタイルは
世界中でありそうな気がします。


ーーーーーーーーーーーーーー


暴露本的なものも出てるので
体を使った営業があるのは
間違いなさそうです。




枕女優


枕営業以外にも整形、
イジメ、裏切りなども・・・



楽天ブックスは送料無料です。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。