ホーム » スポンサー広告テクノロジー » 原発事故で核爆発はないがメルトダウンは起こりうる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

原発事故で核爆発はないがメルトダウンは起こりうる

原発の事故は恐ろしいので
専門的で難しいことでも
しっかり伝えないといけないと
思いますが、

ただしい知識ばかりでなく
デマ的なものも流れているので
誤解を招きかねません。


例えば西岡参議院議長が
炉心溶融すれば原爆が落ちたのと
同じような状態になる、と
発言しましたが
それはとんでもない間違いだといいます。

炉心溶融は燃料棒が溶けて
素蒸気爆発を起こし、圧力容器を破壊して
大量の核物質を周囲に飛散する事故の事。

原爆のほどの破壊力はないといいます。


燃料棒が損傷した程度で
炉心溶融という言葉を使うと
海外メディアがメルトダウンと
報道して誤解を招く恐れも。


そして今回の事故で緊急停止をし、
核反応を制御する棒をいれたから
核爆発する恐れは絶対ないそうです。


溶けた燃料が炉内で反応して
再臨界を起こすと過熱して
圧力容器が崩壊するメルトダウンは
最悪起こりうるが、

核爆発は全く制御できなくなっても
爆薬で圧縮しないと起こらないという。



そして被ばく量も今のところは
心配するほどの量ではないようです。


ただメルトダウンが起こる確率は
0ではないのが気になりますね。

万全の態勢で臨んでほしいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー




原発崩壊 誰も想定したくないその日


電力会社の「想定」は
全く信用できないという声も。


確かに一理あります。



楽天ブックスは「送料無料」
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。