ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 東京電力の対応の遅れの原因は呆れるもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

東京電力の対応の遅れの原因は呆れるもの

福島原発の事故は
深刻なニュースばかりですが、
運営する側などの体質の問題も
地味にまだまだ多いです。


電力会社の原発関係者は
地元住民に石を投げられながらも
必死に説得し莫大なコストを投じて
原発を建て、存続させるために
がんばってきたそうですが、

1ヶ所に6基もの原子炉が集中し、
使用済み燃料の貯蔵プールも
同居したことで今回のような
想定外の事故が起きたと指摘されてます。


そして東京電力は2002年に
原発トラブル隠し問題が発覚しましたが
そのとき社内の原発関係者を嫌い、

当時の社長、常務とその部下を
追放した事実があります。



現在の取締役以上の人物は
事務系が大半で原子炉関係者は
ほとんどいないのだそうです。

今回東電の対応が遅れていることが
批判されていますが、

それは上層部に複雑な原発の
内部構造を熟知している人が
いないためだといいます。




あと原子力発電は国策としながらも
国は責任を電力会社に
すべての責任を押し付けてる
実態もあります。


いままでの行政主導の
やり方ではリスクが大きすぎて
民間企業には背負いきれない、

今後も運営していくなら
国が責任を負うべきである、
という指摘もでてます。



・・・なんだか背景を
いろいろ見ると事故に
負けず劣らず問題が大きく感じます。

…………………………………………

当然のごとく、
隠し体質のバッシング本がありました。




原発事故隠しの本質


東電が事故隠しした年に出た書籍です。


楽天ブックスより。

関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。