ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 巡業中は賭博やり放題の実態 一晩で600万負けても…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

巡業中は賭博やり放題の実態 一晩で600万負けても…

日馬富士の元付け人・雷鳳が
週刊ポストに暴露したことで
再度角界のギャンブル浸透が
話題になっています。

前回は違法カジノの話題でしたが、
今回は支度部屋での出来事です。


巡業では大関と支度部屋が
一緒になるので琴光喜が
野球賭博に興じているのを
何度も目撃したとのこと。

携帯をみながらやたらとソワソワし、
一球速報を見ながら、あーとか
負けたーとかつぶやいている。


高校野球も賭けの対象になっており、
琴光喜は巡業中ずっとやっていたそうです。



そして巡業中は親方の監視の目がないため
やりたい放題だったといいます。


そのときは支度部屋でバッタという
花札賭博をやっていたという。

バッタの常連は、
琴光喜、把瑠都、雅山、
豊ノ島、豪栄道、琴奨菊らで、
雅山が胴元でよくやっていた。

熱中ぶりは半端ではなく、
土俵入り寸前までやり、
座布団の下に金を隠す。


しかしチラチラ見えるのは
万札だけで実際賭けてる金額は
桁が違ったとのこと。


ちなみに日馬富士は博打に
興味がなかったそうですが、
1回だけやったことがあるそうです。

しかしやり方がわからないため、
雅山に聞いたらこっちがおいしいぞ!
といわれて張ったら、

はいダメーといわれて
数秒で20万円をもっていかれ
博打なんてこんなもんだ。もうやらない。
とそれ以降やらなかったそうです。



そしてはまっている人の一人である
稀勢の里の金銭感覚には驚かされたといいます。


ある日、ハア、600万負けた。車買えばよかった。

といっていたようです。

一晩で600万、
しかも悔しそうな顔じゃなかった
そうですから確かに驚きです…。


こんな状態が続くとなると
相撲の存続すら危ういかもしれません。




相撲 2011年 03月号


いろんな意味でインパクトある表紙です。


楽天ブックスは送料無料。
関連記事
タグ / 相撲賭博

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。