ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » 神田うの 大震災の賭け発言が父親の立場の暴露に発展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

神田うの 大震災の賭け発言が父親の立場の暴露に発展

神田うのの話題がどんどん加熱しています。

東日本大震災が起こった後に、
阪神大震災で死亡した被害者人数を賭けていた、
という噂話が広がりました。

それをブログで強く否定しましたが、
女性誌uno!の97年11月号に
その証拠が載っており、
ネット上にアップもされています。


その雑誌の中でうのは、

番組のスタッフに誘われて
賭けみたいなことをやっちゃったんです。

そのことがすご~い自分の中に残ってて・・・


とハッキリ語っています。


さすがにそれに対しては何もいえないのか、
本人からも事務所からも反論がありません。

自然と騒動が収まるのを待っているのでは?
という声や、うのがプロデュースした
ストッキング、ウェディングドレスの
不買運動が起こり始めているといいます。


そしてこの悪影響は父親にまで
発展しかけています。

彼女の父親はバリバリの原発官僚である、と
週刊朝日が暴露します。


それによると父親は有名な原発推進派の
旧通産省のキャリアで国の原発政策を
推し進めた中心人物なのだそうです。


ちなみに神田うのは義援金として
1000万円をを寄付しましたが、
現在は賭けの話のほうが
話題をさらってる感じです。



官僚というとただでさえ
イメージが悪い印象ですが、
原発関連となるとこの時期は
最悪かと思います。


ちなみに官僚と検索すると
関連書籍がたくさんでてきます。
その中でインパクトが強そうなのがこちら。



官僚の正体がズバリ!わかる本


目次を見るだけで裏事情だらけ
というのがわかります・・。




楽天ブックスより。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。