ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » パチンコ業界のひどすぎる嫌がらせなどの裏側

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

パチンコ業界のひどすぎる嫌がらせなどの裏側

パチンコ業界がピンチのようです。

最近は空席が目立ち、
地方は閉店に追い込まれる
状況だそうです。

風営法の遊戯規則の改定により、
4号機と呼ばれるパチスロ機種から
出玉の増減が少ない5号機が
主流になりました。

これも影響したのか、
最盛期には2万近くあった店舗も
今では1万3000弱になり、

売り上げも30兆円から
21兆円に落ち込んでいるとのこと。



当然パチンコ店も生き残りに
必死になってると思いますが、
とんでもない業界の裏話が
わんさかあるといいます。


その一部

ホールコンピュータで電圧を調整して
回転数を制御する

遠隔操作で確変を強制終了させる

一回の大当たりで出玉を600円分カット

設定を変えない偽イベントで客を集める

サクラを雇いホール関係者が私腹をこやす

高性能監視カメラで女性客の
際どいところを覗き見する

1.5%を換金の手数料にする

出している客に冷房を直撃させて帰らせる


などのひどすぎるものです。


もちろん全てのパチンコ店が
そんなことをしてるわけではないですが
この不況により悪徳ホールが
増えたのは事実だそうです。



不況は犯罪を増やすといいますが、
こんなことも増えるんですね…。

………………………………………………

そんな理不尽なことに巻き込まれないためには
しっかり実態を知っておいたほうがいいですね。

お勧めはこの本になります。



コワ~いパチンコ店の話

上記の裏事情のほかにも
台に細工をするゴト師についてや
警察とパチンコ業界の密接な繋がりがわかります。



CD&DVD NEOWINGより。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。