ホーム » スポンサー広告国内 » 富士山噴火を沖縄シャーマンが予言 科学者も危険視

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

富士山噴火を沖縄シャーマンが予言 科学者も危険視

富士山が噴火すると予言をした人物がいます。

それは沖縄の有名なシャーマン・比嘉良丸氏。

彼は伝説的とまでいわれた神人(かみんちゅ)
比嘉ハツの息子です。(五男)

※かみんちゅとは沖縄のシャーマンのこと

比嘉里佳氏と結婚したあとは
夫婦そろって神事を行っているという。


彼のブログである
「こころのかけはし 祈りの和」
そこの4月11日の記事には、

富士噴火の啓示が強く出ていると
伝えられたと記しています。

4月22日あたりに小規模噴火が起き、
夏至あたりに大噴火の可能性があるといいます。



あくまでそれは予想的なものなので
あまり鵜呑みにしてはいけませんが、
確かにそう思いたくもなる節はあります。


富士山は死火山ではなく休火山です。


それはすなわち今後も噴火する
可能性が0ではないことを示します。

あと火山噴火は地震により
誘発されることもあるそうです。

最近は東北地方だけでなく
中部地方でも大きな地震があったので
地下でなんらかの変化があっても
不思議ではありません。


予言やシャーマンなどの類のものを
信じるか信じないかは人により自由ですが
自然災害の備えは確実にしておいたほうがいいですね。


…………………………………………………


調べてみると富士山の噴火については
科学者も警鐘を鳴らしています。




富士山大噴火が迫っている! 最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模


最後の噴火から300年経っているので
いつ大爆発してもおかしくないとのこと。




楽天ブックスは送料無料。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。