ホーム » スポンサー広告社会 » 出世できる・できない人の違いにはある重要な意識にあった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

出世できる・できない人の違いにはある重要な意識にあった

近年は昔に比べて
出世したい人が減ってきてますが、
それでも課長までは出世したいと
思う人は結構多いそうです。

しかし人数が非常に限られた立場
ということもありますが、
ほとんどの人は出世できず
平社員のままなのが現状です。

ただ上に行く人は若いうちから
どんどんのし上がっていきます。



その違いはいったいなんなのか。


専門家によると、

仕事を後回しにしない、抱え込まない
(ビジネスコンサルタントの山崎将志氏)

できることは迅速に。
できないことはうまく人に任せる人ほど
評価は高いといいます。


他、

外見で奇をてらわず、重役の服装を手本にするのが大事
(ヘッドハンターの兼本尚昌氏)


出世は実力以上に周囲の助けが大きい
(三島由紀夫氏)


などの意見があります。


それらに実は共通項目が隠れています。

その共通項目とは、
他者からの評価の意識していることです。


出世において最も重要なことは
人事や上司などの決定権者からの評価で、
社内の自分の立ち位置を理解し、
求められることに成果を出す。


それを認められることで出世します。


よって出世することだけに焦点を絞れば
ゴマスリも有効な手段となり、

逆に闇雲にがんばっても決定権者に
評価されなければいつまでたっても
出世できない
といえそうです。



近年は成果が求められる時代ですが
決定権者の評価が最も重要という点は
バブル以前から変わっていない
といいます。


よって出世したいのにできないのであれば
その点を意識してみるといいと思います。



もっと詳しく知りたいのであれば
出世の最も重要な点を紹介した
東京工科大学教授の尾崎弘之氏の
書籍が参考になると思います。




出世力 なぜあなたの「頑張り」が認められないのか


仕事の作法には5つのルールがあるといいます。



楽天ブックスは送料無料です。

関連記事
タグ / 出世方法

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。