ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » 危険な福島原発の坊波柵の仕事かリストラを選ばされる実態

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

危険な福島原発の坊波柵の仕事かリストラを選ばされる実態

地震に関連した理不尽な会社の対応があるようです。

福島原発は夏までに巨大余震が
発生する可能性があるということで
津波を防ぐ坊波柵を設置するとのこと。

その作業をするのは
ある有名なゼネコン社員で年齢は4~50代。


福島原発は依然危険な状態が続いているので
若い世代よりかはある程度将来が見えている人を
選ばざるえない状況かもしれません。


しかしそのゼネコンの場合は
過去に組合運動を熱心にやった人や高卒以下の学歴の人、
それに現在経営陣に反抗的な人ばかりを選んでいるそうです。


意図的な人選ではないか?と
労働基準局にマークもされてるといいます。


要は会社にとって都合の悪い人物に危険な仕事を押し付け、
嫌なら合法的にリストラできるというわけです。

さらに政府や東京電力に恩も売れる。

この対応に社員は不満がたまっており、
特攻隊だ!などと批判が強まってます。


かなりせこいやり方ですね。


どこの企業にも怪しい秘密はありそうですが
特にアレなところは本がでる、と思っていたら案の定です。




ゼネコン悪の構図 中堅ゼネコン・東海興業を食い物にしたすごい奴ら


前代未聞の会社更生法違反事件やとんだ愛人身代わり事件など
ゼネコンの裏には過去にいろいろあったようです。




楽天ブックスより。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。