ホーム » スポンサー広告コンピュータ » パソコン利用時の3つの節電術と効果をマイクロソフトが発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

パソコン利用時の3つの節電術と効果をマイクロソフトが発表

マイクロソフトが東日本大震災をうけて
家庭や企業にWindowsパソコンの
節電裏技を公開しています。


その方法と効果は下記のようになってます。
(項目別に紹介)

最新のPCは5年前に発売されたものより
平均して約53%の節電効果がある

また、ノートPCはデスクトップPCに比べ
平均約66%の節電効果がある



それはウィンドウズというかハード的なことですね。
冷蔵庫の節電効果も新しいとだいぶ違うと聞きますが
電気製品はみんなそんな感じかもしれません。



PCはOS起動時の電力消費量が多く、
スリープから復帰したときとくらべ
3倍以上電力量を消費している

電源オフ時とスリープオフ時の
待機電力の差は0.5Wしかないので
1時間45分以内に再度利用するときは
スリープが推奨される(XPではスタンバイ)



ディスプレイの電源は切ったとしても
本体はそのまんまで席をはずす場合が
多いかもしれません。

今後はスリープモードをたくさん活用すべきですね。



PC利用時の最大の節電対策はディスプレイの輝度調整

画面の明るさを100%から40%にすると
平均で23%の電力削減ができる



この対策は確かに最も重要に感じます。
実際明るすぎても目が疲れますし、
暗さに違和感を感じるのは調整した直後だけですし。



上記はウィンドウズ搭載パソコンでの
検証結果ということで他のPCでは
若干異なると思いますが
どれも共通して効果が期待できそうです。


ちなみに日本では7000万台ものPCが
普及しているそうなのでそれらを全て
節電対策したとしたらかなりすごそうです。

国などは電力供給量を増やす前に
まずは節電対策を強化するべきですね。


………………………………………………


非常にすばらしい対策でしたが、
暑い季節は設定だけでは
どうしようもない部分があります。

パソコンにとって夏は最も厳しい季節ですので
冷ましてあげることも節電につながります。

おすすめは冷却用マットを使用することです。
(電気を使わないので本末転倒になりません)




ひんやりジェルマット

パソコンだけじゃなく枕や椅子用、
車用としても使えます



夢のセカイから。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。