ホーム » スポンサー広告女優 » 樹木希林が内田裕也と離婚しない理由とDV被害者の特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

樹木希林が内田裕也と離婚しない理由とDV被害者の特徴

この前71歳にもかかわらず
かつて付き合っていた女性宅に忍び込んで
逮捕された内田裕也ですが、

その件をきっかけに妻へのDVの実態が
明らかになりました。


それは1973年の結婚当初から始まり、
当時は毎晩のように暴力に振るわれるも
妻である樹木希林はそれに応戦。


2年後に長女(也哉子)が誕生しますが
その前にDVを理由に別居します。

しかし離婚はせず、月に1度だけ
夫に会う生活を38年も続けたそうです。
しかも部屋の生活面も全て面倒をみていたとのこと。


81年には内田裕也のほうから
離婚届を出しましたがそれを阻止するため
法廷で争うほど離婚はしないと頑なだそうです。



よくきくパターンとは真逆の展開です。


もちろん今回のストーカー事件でも
離婚する気はないようです。


別れない理由としては、
純なものがひとかけら見えることと、
自分も夫のように危ない部分を持っていること

二人は背中合わせでそっくりだというのです。


二人も同じような感じというケースは
多いかどうかわかりませんが
DV被害にあって別れられない人はかなり多いそうです。


内閣府の調査によると
別れることができた女性はたった4%ほどだそうです。


その理由として考えられるのが、

報復されるのでは…?など
マイナスに考えてしまうこと。
(加害者への恐怖心)

加害者の優しいところをみると
もう一度やり直せるのでは?と
プラスに考えてしまうこと。

そして私が何とかすれば変わるのでは、と
別れないことを正当化しようとする。



その他には経済的な不安、子供の不安、
世間体を気にするなどのこともあるといいます。


ちなみに樹木希林は宗教を通じて
内田裕也を救いたい考えていると噂されています。

本人は否定しているものの、
DVの被害者で宗教救済を考える人は
そうめずらしくもないそうです。

暴力はいろんな意味で人を変えてしまうのでしょうか。


…………………………………………………………………


別れたくても別れられなくて
悩んでいる人が結構いるようですので、
専門家の書籍などを参考にして
いろいろ学ぶといいかもしれません。




弁護士が説くDV解決マニュアル

解決プランや相談の仕方なども学べます。


楽天ブックスは送料無料です。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。