ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » ブラック企業の悪質な対応例 大手も例外にあらず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ブラック企業の悪質な対応例 大手も例外にあらず

いつの世もブラックと呼ばれる企業は
存在してしまうものだと思いますが
不況だとそれが増えるものだと感じます。

最近は震災の影響もあり
ますます悪化の一途を辿りそうで嫌ですね。


そのブラック企業の実態が
またいろいろ明らかになっています。

全国いっせい労働相談ホットラインには
毎日300件ほども相談が寄せられてるそうです。

それほど悪い対応をする会社が多い
という一つの証明でもあります。

ではひどい事例をいくつかご紹介します。


不払い賃金が半年分も溜まっている

残業代や深夜・休日出勤の割増手当てが
支払われたことがない

同僚との付き合いが悪いことを理由に解雇

バスの止め方が納得いかないと言われ解雇

労働条件を不利益に変更

パワーハラスメント・セクシャルハラスメント



どれもこれもろくでもないことばかりです・・。


さらに具体的に悪い例を挙げると、

転籍を通告されいきなり給料を
5万円も引き下げられた。

それは役職を解かれたためで
受け入れるしかありませんでした。
(10年10月のこと)

しかし、今年の3月にさらに
5万円引き下げると言われたので
さすがに受け入れられないと言ったら
解雇通告書を突きつけられたといいます。


次の事例では、
解雇予告通知をもらって解雇されたのち、
ハローワークに届いた離職票をみると
なぜか懲戒解雇になっていた。

(懲戒解雇とは悪質な就業態度などを理由に
やめさせられることで再就職する上でとても不利になる
)


テレホン・アポインターの研修は
マニュアル・トークの読みあわせを3時間やったのみ。

にもかかわらず先輩からノルマを達成しないと
解雇されると聞いたのでがんばろうと思った矢先即日解雇
(就業規則、解雇規定、労働契約書にも書いておらず)



それらのように企業がやめざるを得ない状況を
作り出すケースが多々あるとのこと。

それは大手企業とて例外ではありません。

中小企業に勤める人が大半ですが、
その企業も大手の下請けという場合が多いことから
上から無理難題をつきつけられて、
前述のような問題が起きているのも実態の一つです。


300件近い相談も氷山の一角。


今後は労働者を守る対策もすごく大事になるでしょう。


……………………………………………………………………


ひどい実態を暴露する下の本でも、
今や有名大企業ですら珍しくなくなった
こう指摘しています。




ブラック企業の闇 それでもあなたは働きますか?


さらに全体がブラック化する業界も・・・


楽天ブックスは送料無料です。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。