ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 耳がない白いウサギに大注目 生まれた場所は福島県浪江町

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

耳がない白いウサギに大注目 生まれた場所は福島県浪江町

耳がない白うさぎが誕生したことが
ネット上ですごい話題になっています。

話題になっている理由はやはり場所です。

そこは福島県浪江町。

福島第一原発からは30キロ以上離れていますが
年間被爆量が20ミリシーベルトを超える恐れがあるので
政府が1ヶ月で避難を完了させると発表した地域です。


いつ生まれたかは正確には不明ですが
5月11日にまだ目が開いていなかったことから
4月末に生まれたのでは?と飼い主は見ています。

耳のないうさぎは他の兄弟と比べて
カメラのシャッター音への反応が鈍かったことから
やはり聴力に問題があるのかもしれません。


そして耳のないウサギというのは
ふつうに生まれてくるものなのか、
というとそうではないっぽいです。

専門家すら聞いたことがない話だそうです。

ウサギ専門店の人の話だと
生まれて間もないころは親の歯が当たって
耳が切れることはあるそうですが
傷口は掻き分ければすぐわかるとのこと。


耳なしうさぎには傷口がなく、
わずかな突起物があるだけで
それも毛に覆われていたといいます。



そんなうさぎが生まれた理由は不明のままですが
誰もが同じ事を連想したのではないでしょうか…。

突然変異という可能性もありますが実際はどうなのでしょうか。

今後親ウサギも含めて分析されそうなので結果が注目です。




放射線の遺伝影響


将来、人間にもそのような影響がでなければいいですが・・・



楽天ブックスより。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。