ホーム » スポンサー広告オカルト » 福島原発とUFOの関係|宇宙人が最も恐れる事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

福島原発とUFOの関係|宇宙人が最も恐れる事

今日初めて知りましたが、
福島第1原発が津波被害に遭ったあと、
その周辺で何度もUFOの編隊が
目撃されていたようです。

そして原発とUFOの関係も
初めて知ることになりました。

UFOなどのオカルト的な話によると、
現在地球には様々な星から地球を
監視するため宇宙人がよく訪れているという。

そして宇宙人と人類との間で
コンタクトをとっているというのです。

それは人類が文明を築く以前から始まり
宇宙人とコンタクトをとる人のことを
コンタクティというそうです。


そして彼らは核物質が拡散して
宇宙の生態系が破壊されることを恐れているのだそうです。

核兵器が開発されたあとから
訪問する宇宙人の数が増えたと言われます。


それで宇宙人は原発を監視している、というわけです。

福島第1原発は世界最大級の原発事故となっただけに
宇宙人にとっても深い関心事になっているのかもしれません。


ちなみにコンタクティとして有名なのが
アメリカのジョージ・アダムスキー氏。

彼は1952年11月に金星人と遭遇し
UFOで金星までいってきたと主張。

翌年には空飛ぶ円盤実見記という書籍をだして
大ベストセラーになったとのこと。

やはり不思議なことの関心は
日本よりずっと高いことが伺えます。

彼は一部のUFOの名前の由来にもなった人物
ということで未だに関連書籍がでています。




UFOコンタクティ- ジョ-ジ・アダムスキ-


アダムスキーの写真のことなど
興味深い内容になってます



楽天ブックスは送料無料
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。