ホーム » スポンサー広告国内 » 非難殺到のMr.100mSv・山下俊一教授の就任経緯の謎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

非難殺到のMr.100mSv・山下俊一教授の就任経緯の謎

ミスター100ミリシーベルトといわれる
長崎大学大学院の山下俊一教授。

彼の主張と任命により
反発の声が強まっています。

彼は100mSvまで浴びても大丈夫、
何の問題もないから今まで通り
子供を外に出してください
などと
テレビや講演会で発言したことから

福島県の子を持つ親が激怒。

それにより最近解任を求める
県民署名運動まで起きたようです。


さらに問題視されているのは
山下教授が県民健康管理調査の検討委員に選ばれたこと。

その調査は検査はしても除染はしないことから
教授は体内被曝のデータだけほしいのではないか、

といわれるようになります。

そして体内被曝を計測する
ホールボディカウンターの実績は今のところ0で、

山下教授がなぜ放射線リスクアドバイザーに
選ばれたのか経緯は明らかになっていません。



あれほど批判が殺到しているのに
未だに立場を維持しているということは
もしかしたら権力を行使しているのかもしれません。

そのような悪い考えがあるとしたら
今後何が始まるのかわからず恐ろしいといえます。


何が正しいかよくわからない状況ですが
楽観視するアドバイスはあまり信用できないので
常にリスクを考えた行動をおすすめします。




世界一わかりやすい放射能の本当の話 正しく理解して、放射能から身を守る 福島原発事故!緊急出版

子供は甲状腺がんなどのリスクが高いのです



CD&DVD NEOWINGより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。