ホーム » スポンサー広告国内 » 震災詐欺に遭うケースが多発中 実際起きた例を紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

震災詐欺に遭うケースが多発中 実際起きた例を紹介

日本は大震災が起きても人々の間で大混乱が起きず
とても礼儀正しいと世界から絶賛されるも、
震災詐欺といわれるものが後を絶たないという。

文字通り東日本大震災に便乗して
いろいろ悪巧みを働くことですが
次のような例が報告されたという。


茨城県の80代男性宅に
瓦を直させてほしいと突然業者が現れ、
それを任せたら400万円もの
契約をさせられてしまいました。

そして解約を申し出ると解約金として
5万円を請求されたという。


そのような在宅修繕まがいの詐欺は
他にも無料といいつつ有料工事を勧めたり
手抜き工事をされるケースもあります。



温泉付老人ホームのパンフレットを送りつけ
東北の被災者を助けるために温泉付施設の権利を
購入してほしいと電話で勧誘してきて、

断ると困ってる人を放っておくのか、人でなし
と怒鳴ってくるあやしい投資話の例もあります。

また、政府事業の投資として
被災者の人工透析患者救済のために
100万円を投資すれば年4%の利子と
3ヶ月に1回1万円を支払う
という

いかにも怪しい電話セールスされた人もいます。



地震速報という携帯メールの
本文にある詳細情報はこちらを押すと
出会い系サイトに繋がり
1万円を請求されるメール詐欺も。

また、放射線量の数値が上がっている、
除去方法はこちらをクリックしたところ
出会い系サイトにつながり
迷惑メールが1日に100以上くるケースもでてます。




過去に利用した業者の勧めで1万5千円をかりたところ、
別の業者からも勧誘されて結局7万5千も借りることに。

そして1週間度には法定金利を大幅に上回る
3万円の返金を要求され近隣住民まで
取立てに追われる闇金ガラミの例も。


東日本大震災補修センターの職員を名乗る男から
1人10万円を振り込むので口座を教えるよういってきて
逆に手数料名目で数万円を振り込ませる例もあります。



そして貴金属の買取という例もあります。

レントゲン機材を作るためという理由で
自宅の貴金属を売らないか?と勧誘され
イミテーションのアクセサリーなど1万円で売却すると

その後本物のアクセサリーを売らないかと
勧誘電話が何度もかかってきたという。



詐欺を働くものは悪知恵をフルに働かせて
あの手この手で財産を狙ってきます。

少しでも怪しいと思ったらこの時期は特に
従わないほうが身のためかもしれません。



ちなみに中には伝説といわれるほどの詐欺師も存在します。

伝説の詐欺師事件ファイル 法廷で暴かれた10の仮面

なんと声帯模写をして
娘になりきる手口まであるというから驚きです




楽天ブックスより
関連記事
タグ / 震災詐欺

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。