ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » 電力不足どころか原発60基分の電力を確保できる日本企業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

電力不足どころか原発60基分の電力を確保できる日本企業

脱原発を支持する声は圧倒的ですが
中には反対する人もいるので
実際原発がなくなっても大丈夫なのかと
不安になる人もいるかもしれません。

今回は原発がなくても大丈夫という
意見を紹介したいと思います。

環境エネルギー政策研究所の松原弘道氏によると、

もし原発が全て停止したとしても
各地で電力供給が断たれることはないとのこと。



まず指摘したのは今年の夏の電力需要。


夏の電力需要は5500万キロワットと
見込まれていますが東京電力は
原発抜きでもそれを超える供給が
可能と分析しているという。


さらに効果的な節電策をとれば
東電管内で1100万キロワット以上の
節電ができるといいます。

電力会社と工場などの大口需要家との需要調整契約の締結

ピーク時に一定の量を超えて使用した課徴金設定、

一般家庭のアンペアを一段下げてもらい
各企業で省エネ機器の導入や
オーバースペックの電力消費機器の排除


など原発や石炭に頼らなくても
無理なく節電できる方法はたくさんあると指摘。


そして驚きなのが日本企業の
自家発電能力は原発60基分に相当するという事実です。

総出力は6000万キロワットを超えるという。

理由はわかりませんが
いままで原発などに頼りすぎていたといえます。



いろんな意見があると思いますが
やはりあんな事故を見せ付けられては
原発がなくても大丈夫説を信じたいですよね。

そう思う方はこの本はおもしろいと思うかもしれません。



原発の即時廃止は可能だ

驚きとうれしさを感じたのは
あの原発依存度が世界有数のフランスでさえ
電力消費をさほど落とすことなく
原発の即刻停止は可能だといいます




楽天ブックスは送料無料です
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。