ホーム » スポンサー広告国内 » 地デジ移行を利用してNHK受信料を拒否する世帯が急増?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

地デジ移行を利用してNHK受信料を拒否する世帯が急増?

地デジ完全移行が目前に迫る中、
NHKには問い合わせが増えているようです。

その問い合わせとは受信料について。

地デジに対応する機器を持っていない場合
7月24日以降は見れなくなってしまうため
受信料支払い義務がなくなります。

それで契約解除を申し込む世帯が
増えているのだそうです。

受信料は2ヶ月で2690円、
さらに地デジ対応テレビなど費用が嵩むため
ネットで十分と思ってる世帯が多いという。


懸念されるのはこの機会に便乗して
視聴できるのにできないという人。



NHKは届出内容が事実であるか確認するため
契約終了後も定期的に訪問するなどして
徹底的にチェックする構えですが、
さすがに全てを把握するのは難しいようです。


ちなみにテレビがなくても
ワンセグ対応携帯、テレビチューナー付きパソコン、
カーナビなどNHKを受信できる機器を
1つでも持ってると支払い義務は生じます。
(ラジオは除く)


そして見ないから払う必要はない、
という言い訳も通用しません。



少々強引な気もしますが
自由意志で受信機を設置したら
NHKを受信する意思が認められる

放送法で定められているのが理由です。

よって支払い義務がない人は
ごく一部だと思われるので
これからNHKは対応に苦慮しそうです。


いまだ賛否両論が渦巻いているので
なかなか難しい問題です。



Q&A NHKのそこが知りたい

この本には受信料徴収の理由や使い道など
NHKへの疑問が多く紹介されてます



楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。