ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » イギリスの大学で極秘裏に獣人が生み出されていた事が判明!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

イギリスの大学で極秘裏に獣人が生み出されていた事が判明!

獣人(じゅうじん)という言葉を聞いたことがあるだろうか。

映画やゲームの中では出てきそうなものですが
実はリアルに生み出されていたことがわかりました。

獣人とは人間と動物の両方の特性を持つ者で、
イギリスで3年間にわたり研究が行われ
これまで150の交雑種が生み出されたという。



それはキングスカレッジロンドン、ニューカッスル大学、
ウォーリック大学の3校が極秘裏に進めてきた研究で、
主な目的は一連の不治の病を治療するために利用できる
胚幹細胞を開発すること
だそうです。

胚とは多細胞生物の初期の段階のもので、
人間と動物の胚細胞を合成したキメラ胚
動物の精子を人間の卵子に受精させた
ハイブリッド胚などが生み出されてきて、

研究を認める法律もあるそうなので驚きです。


しかし倫理上の問題が当然でてくるので
非難の声がかなりあがっています。

科学者は法律によって
胚は14日以内に処分することに
なってるので問題はない、

また、道徳的な使命があると考えており
研究をやめる気はなさそうです。

現在は研究資金不足で中止していますが、
今後研究を行うところが増えると予想しています。



獣人といえばUMAの一種としても知られています。



未確認動物UMAの謎


本当にこんなのが生み出されなければいいですが…


楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。