ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » AKS窪田康志社長に野球賭博スキャンダル発覚(週刊文春)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

AKS窪田康志社長に野球賭博スキャンダル発覚(週刊文春)

AKB48の運営会社であるAKS。

その社長の窪田康志氏に
野球賭博スキャンダルが出ています。

スキャンダルを報じたのは週刊文春で、
以前にAKB創始者の一人である
オフィス48の芝幸太郎社長が違法ビジネスに
手を染めてることを報じていました。

今回のスクープではAKBを立ち上げる
1年前の2004年から昨年の2010年まで
窪田社長は自分の客だったと明かしています。

1日に1000万円つぎ込むこともあり、
年間では億単位にも上ったというから驚きです。


あと窪田氏と胴元の仲介役を務めていた人物も
AKB関係者だったそうです。


今回のスクープもなかなか大きいものだと思いますが
事務所はそのような事実はありませんと言うだけで
なぜか法的な動きは見せていません。

それはある意味窪田社長が去年まで
野球賭博をやっていたという事実を
認めることになるのかもしれません。



何か騒ぎを起こせば
別のスキャンダル的なことが
でてくることを恐れているのではないか、
そんな声もでてきています。


そしてこの流れからして
今度はAKB総合プロデューサーの
秋元康氏にスキャンダルがでるかもしれません。

現在資金の流れに不透明な部分があるとして
国税局が調査を始めたという噂が上ってるだけに
誰もがそう思うことでしょう。




文藝春秋/週刊文春 2011年8月11・18日合併号

スクープ AKB48 窪田 社長「野球賭博の常習者」だった!

窪田社長の周到な手口や賭け金が表示された携帯電話の画像も載ってます。



ココデカウより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。