ホーム » スポンサー広告テレビ関係 » NHKが電力会社の事業債を保有する謎|原発を擁護するばかり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

NHKが電力会社の事業債を保有する謎|原発を擁護するばかり

NHKは福島原発の事故が起きてから
ずっと批判され続けています。

実際はチェルノブイリと同じ
レベル7の危険度だったにもかかわらず
ずっと安全だと報道してきたためです。

ではなぜ原発推進報道を続けてきたのか、
実はNHKと電力会社は裏で繋がっていたのです。


東京電力や中部電力などの事業債を
合計で900億円以上保有しているそうです。



もしも会社が存続できないことに発展すれば
かなりの被害がでてしまいますが、
核心に迫るほど自分の首を絞めるという
なんともやりづらい状況だという。


それでは批判どころか
中立的な立場で報道することも
ままならないのではないでしょうか。

実際事故からどの報道機関よりも
安全だといってきたのはNHKです。

そしてよくわからないのは
NHKは営利目的の機関ではないため
資産運用は必要ないはずです。

そんな金があるなら受信料を
少しでも安くしろという批判もありますがNHKは、

少しでも有効活用するため資金の運用を行っています

視聴者に必要な情報を正確にお伝えしています


という当たり障りもないコメントをだしてます。


あと気になるのは国民の負担が増え、
東電やNHKが持つ東電債が保護される
東電救済法が成立してしまったこと。

大震災以降ますます国民の肩身が
狭まってる感じがしてしまいます。


NHKの内幕

これは93年の暴露本ですが
そんな前からもNHKはあぶないと
いわれていたようです・・・


今後もなんだか不安になりますね。


楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。