ホーム » スポンサー広告スポーツ » ウサイン・ボルトの失格で批判殺到!陸上競技のおかしなルール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ウサイン・ボルトの失格で批判殺到!陸上競技のおかしなルール

8月27日から韓国のテグで開幕した世界陸上は
決勝種目も多く登場してきた今日この頃。

3日目の夜は室伏広治が金メダルを獲得
すばらしい時間と感動を味わうことができて
すごくうれしく思います!

しかし2日目は波乱でした・・・

世界陸上一番の目玉競技といわれる
男子100メートルの決勝で
ウサイン・ボルトがフライングして
失格になってしまいました・・・


誰もが世界新記録を期待して
固唾を呑んで見守っていたと思いますが
あんな結果になるとは…というのが率直な感想です。

会場のタメ息はすごかったですね。
あんな大きなため息は初めて聞きました。


それにしてもルールが気になりますね。


陸上競技もルールが何度も変わってきた歴史があります。

全員が1回までフライングを許されていましたが
その後誰かが1回フライングしたあと
別の選手がフライングしても失格するルールに改定。

そして2010年に一発で失格ルールとなります。

厳しくなる理由には大会をスムーズに進行させることと
駆け引きをする選手をなくすためだが、
さすがに1回で失格はどうなのかと思います。

実際ネット上でもすぐ廃止しろ!
という声が多く上がっています。

おそらく陸上ファンならほとんどが
その意見に賛同するのではないだろうか。


個人的には一つ前の
2回目のフライングからは誰でも失格ルール
一番丁度いいのではないかと思います。

1回で失格より安心できますし
そこまで遅延にはならないと思うからです。

今後検討してくれることを願います。


ルールを決めるほうも大変だと思いますが
この本ではスポーツ界の怪しい部分が
たくさん紹介されてます・・・



審判、それってありッスか!? スポ-ツをとことん楽しむウラ事情

陸上のことでは・・・
不思議なルール・フライング・スタート判定の怪


楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。