ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 福島県の放射能汚染は強制避難レベル!?深刻な課題と政府の秘密

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

福島県の放射能汚染は強制避難レベル!?深刻な課題と政府の秘密

放射能の関心が次第に薄れていると
感じる今日この頃ですが
事態はまだまだ深刻なレベルです。

文部科学省が福島第1原発から
100キロ圏内の土壌汚染の実態を発表しました。

それによると放射性セシウムの濃度が
チェルノブイリ原発事故を上回っているという。


具体的には大熊町でセシウム37が
1平方メートルあたりで1575万ベクレル、
浪江町、双葉町などで148万ベクレル以上。

ちなみに148万という数値は
チェルノブイリでは居住禁止エリアになってます。



あと福島市でもセシウム137が55万ベクレル以上
検出されておりチェルノブイリでは強制避難レベル

30キロ圏内じゃなくても油断はできません。


このままでは除染しなければ
最低でも200年は住めないそうで、
除染するにしても2~30年はかかるので
その間はもちろん住めないことになる。

そして費用も10兆円を超えるといわれており
深刻な状況ばかりなのです。


今後は日本国民全員の負担が増えて
誰もが関係する話にはる可能性もあるでしょう。


あと気になるのは、
汚染状況が深刻という事実は
結構前に判明していましたが
なぜ今頃発表したのか気になります。

まあいつもの不安を煽らないように
ということかもしれませんが
国民の命を優先してもらいたいものである。

そしてプルトニウムを含んだMOXという燃料があった
3号機も爆発しましたがそれが検出されてない?
というのもおかしいと指摘されてます。

政府はまだまだ秘密を抱えてそうです。


そんな中こんな本を発見してしまいました。



原発大震災の超ヤバイ話

かなりインパクトある内容ですよ

例えばチェルノブイリの10倍や
政府・東電の言ってることはほとんど嘘、
原発は震度6で壊れる設計!?
などなど・・・


楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。