ホーム » スポンサー広告国内 » 東京電力の給料とボーナスに再び非難轟々!(福島原発の歴史)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

東京電力の給料とボーナスに再び非難轟々!(福島原発の歴史)

早いもので東日本大震災から
ほぼ半年が過ぎ去りました。

しかし、放射性物質除去作業は全く進んでおらず
被害者への損害賠償もまだまだ残っており
東電にはお金に関する問題が山積み・・・

のはずなのですが、
夏のボーナスが支払われたことで
また非難が集中しています。


東電は去年の夏に比べて半減させたようですが
それでも40万を超えているそうです。

そしてそれはあくまで平均値のお話で
しかも諸手当は含まれていないそうなので
中には60万円近くもらった人もいるようです。


全体的に減らしたのは本当っぽいですが
多くもらってる人はもらってるということです。


給料に関しては3万5千人を超える従業員の
年間平均給与は760万円を超えており、
大卒だけをみると軽く1000万円を超えるという。
(40歳で)


さすがにそんな状況はまずいとして
政府もやっと動き出したようです。

高い人件費や過剰な設備投資を
削減する具体策を練り始めたとのこと。

ただ・・・東電は原発のかわりに
火力発電所を稼動させる間、燃料費がかさむことから
電気料金10%値上げを打診したと報道されました。

もしそれが通ると8月の標準家庭で
700円ほども上がってしまうそうです。


東電は打診の事実を否定してますが
これまでの言動からどうなのか・・・と思います。


そして歴史をみても怪しい部分が多いので
いまや何を信じていいかわかりません。




ドキュメント東京電力 福島原発誕生の内幕

当事者の取材も収録した説得力ある一冊
(著者は田原総一郎氏)



楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。