ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » あさイチの番組内容にまた論争勃発|援助交際の実態を暴露

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

あさイチの番組内容にまた論争勃発|援助交際の実態を暴露

あさイチで取り上げた話題がまた注目されています。

9月7日に放送されたのは
援助交際の実態を取り上げる内容でしたが
まるでノウハウを教えてるようだと
批判がでているのです。

まず出てるのが朝から放送する
内容ではないだろうという批判。

セックスという言葉が何度も出てきたり
援交経験者の女性も数人登場。

セックスすることで
私の事を必要としてくれる人がいる


などの言葉が冒頭から紹介されてました。


次に06年と比べて
2010年の18歳未満の検挙率は
57倍にもなってるというデータも紹介し
家出少女が使う代表的なサイトも紹介します。


そして苺は1万5千円、
ホ別はホテル代別など専門用語の意味も解説し

男性の手口や誘い文句、
出会い喫茶の様子も放送したことで
援交したい人に至れり尽くせりの番組だ、
といわれているのです。


あと室井佑月のこれをみるとプロと一緒じゃね?
もうちょっと待ってプロになればいいのに!という発言や

井ノ原快彦の仕事になりますからね
という発言もちょっとした話題に。


まあ問題ある実態はしっかり
とりあげないといけないところもあるので
難しいところではあります。

しかし本能的な部分と金が絡んでるので
撲滅はかなり困難を極めると思わされます。

この本でも紹介されてるように
すごく長い歴史が築かれてしまっています。




昭和平成ニッポン性風俗史 売買春の60年

ただ気になるのは
売春防止法の抜け穴ぶりという所・・・



楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。