ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 東京電力の賠償請求書類の多さは嫌がらせレベル&弁当支給廃止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

東京電力の賠償請求書類の多さは嫌がらせレベル&弁当支給廃止

東電の賠償請求書類が
ひどい嫌がらせと話題になってます。

なんと申請書類は60ページくらいあり
そのマニュアルは156ページもある分厚いもので
内容もとても複雑だという。


さらに今回送付された書類は
3月11日~8月末までが対象で
それ以降は3ヵ月ごとにまた同じ書類を
作成する必要があるというから驚き。


そして書類は一人一冊で
申請から支払いまで最低でも1ヶ月かかり
記入漏れがあるともっとかかることになります。

賠償額通知に同意できないときは
原子力損害賠償紛争解決センターに
和解仲介を申し立てることになり
聞くだけでも面倒極まりないことです。


面倒くさすぎて心が折れそうになった、

頭がこんがらがり説明書を読むのが面倒なくらい

保険の手続き書類に似ている
村の高齢者はほとんど無理だろう
代行業者とか代行詐欺が出るのではないか?

メモをとりながらでもダメ・・・


などの声が続出しています。


東電はわからない人のために
説明会を開くとしていますが
それだけで丸く収まるとは思えません。

ジャーナリストの須田慎一郎氏は
ワイドスクランブルで、

被害者にしわ寄せをもっていくなんておかしい

東電の社員が1軒1軒まわって
聞き取り調査をするなりして
書類を作成するべきであって
負担を求めるのはどう考えたっておかしい


と批判しています。
確かにその通りです。


あと東電は福島原発の作業員に配布する弁当を
廃止することも決定して批判がでています。

お金に困る状況なのはわかりますが
なぜボーナスを削らないのか
理解に苦しむことばかりですね・・・


ちなみに大人だけでなく若者も憤りを感じて
いろいろな活動をされています。



ボクが東電前に立ったわけ 3・11原発事故に怒る若者たち

この流れをどんどん大きくしていってほしいものです

内容は自粛ムードをやめることや6・11についてなど


楽天ブックスは送料無料です
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。