ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 雷より隕石で死ぬ確率のほうが高い理由|キーとなるのは死亡者数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

雷より隕石で死ぬ確率のほうが高い理由|キーとなるのは死亡者数

雷の直撃と隕石の落下
死亡率でどちらが高いかといわれれば
殆どの人は雷とこたえると思いますが
実は隕石のほうが高いという。

ただそう思うのも不思議ではありません。

実際有史以来隕石での死亡例はないからだ。

これまで記録では、
1954年にアメリカ人女性の腰にあたった、
2009年にドイツ人の少年の手にあたった、
くらいしか人との接触事例はないそうです。

ロシアで広範囲に被害がでたこともありますが
それは誰もいない森林地帯でした。


問題になるのは死亡者数の多さ。


世界中の人間が死ぬほどの威力がある隕石は
1億年に1度の確率でやってくるらしいですが
そうだと仮定したうえで人間の平均寿命を70歳とすると
隕石で死ぬ確率は143万分の1になるそうです。


雷直撃で死ぬ確率は200万分の1か
それより低いといわれているので
たしかにそれより高いことがわかります。


あと隕石の場合いろいろな大きさがあるので
小規模のものだと確率はもっと上がります。

地球上の1000分の1の人が死ぬ隕石は
先程の例のものより1000倍確率があがるという。


そのことも計算に加えると
死ぬ確率は2倍に跳ね上がることになります。



個人でできる対抗策はそんなにないので
雑学の部類にいれられてしまうかもしれませんが
知っておいて損はないと思います。


ちなみに恐竜も隕石によって
絶滅させられた可能性が高いので
今後も何も起こらないとはいえません。

それを再現した本書籍は
非常に興味深いものとなっています。



再現!巨大隕石衝突新版 6500万年前の謎を解く

隕石衝突の証拠から
落ちた後どんな展開が待っている?
などの内容を収録



楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。