ホーム » スポンサー広告国内 » コンタクトレンズを長年使うとドライアイになりやすいので乾燥を防ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

コンタクトレンズを長年使うとドライアイになりやすいので乾燥を防ぐ

コンタクトレンズを長年使い
違和感を感じるケースが相次いでいるという。

目がしょぼしょぼしたり開けづらかったら
まずはドライアイを疑ったほうがいいでしょう。

特に40代あたりからホルモン減少の影響で
涙が出にくくなり目が乾燥しやすくなります。

涙には油分も含まれているので
水分の蒸発を防ぐ役割があります。


そしてコンタクトレンズを長年使うと
角膜が荒れて目の表面の水分を
正常に保てなくなる傾向があるという。



そのため年のせいと思わずに
普段の生活に一工夫いれるようにしましょう。

パソコンやテレビは目線より上にあると
すごく目が疲れやすく乾燥もしやすいので
なるべく上から見下ろすようにしたほうがいいでしょう。


目が疲れたときは蒸しタオルをのせると
異常な油が溶け出して正常な油に変化し
涙の蒸発を防げます。

リラックス効果もあるので気持ちよくなります。

あとできれば乾燥しやすい時期は
加湿器を用意するとさらに効果的です。


そしてコンタクトレンズの扱いは
丁寧に行うのが大前提です。



あなたは大丈夫?コンタクトレンズ障害

下手をすると見えなくなる恐れも・・・

常識から危ない症状まで
わかりやすく解説されてます。


楽天ブックスは送料無料
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。