ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » 山口達也の無免許運転に潜む背景|緩い区域と警察の実態

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

山口達也の無免許運転に潜む背景|緩い区域と警察の実態

TOKIOの山口達也が
無免許で運転していたことが発覚し
広告活動が休止状態になってます。

それでジャニーズ事務所は
全所属タレントに免許有効期限を
確認するようにと通達を出すという
ふつうで考えられない対応をとります。


それは滑稽な話とも見て取れますが
新たに分かった裏事情は
冗談では済まされないようなことです。


山口達也は11年2月頃から
免許の期限が切れていたのですが
なぜ半年以上も気づかなかったのか。

その手がかりは彼が住む鎌倉市の
近隣住民の話にあります。


彼が住んでいる場所は高級住宅街で
政財界の大物や有名人ばかり住んでいて
住民以外立ち入り禁止の看板があるようなところ。

そしてと取り締まる地元警察は
まるで専属の警備員のようで
外部の訪問者にばかり目を光らしており、

逆に住民には携帯をしながら
運転するところをみても見過ごしたりと
かなり融通を利かせてる感じだという。



実際警察に指摘されてから
更新する人もいるそうなので驚きです。


このことから
そのようなゆるゆるな「特別区域」
住んでいるから気づかなかったのでは?
と言われています。

たしかにありそうなことです。

ちなみにその高級住宅街は人通りが少ないせいかのか、
高い塀で囲まれてるのに門を開けっ放しにしている
住宅がけっこうあるそうです。

山口達也家のガレージのシャッターも
開いたままだったということで
かなり気の緩みがあったのかもしれない。


それはそれですごく問題だと思いますが
警察が住民に甘いというのも気になりますね。

おそらく大物ばかりということで
下手すると圧力をかけられると
思っているのかもしれません。

この書籍でもそれと関連するような
話題に触れられています。




警察はなぜ堕落したのか

その話題のタイトルは
恐るべきキャリア制度の実態


それはもう全国レベルの問題かもしれない



楽天ブックスから
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。