ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » フリーメイソンが消滅の危機?情報発信して秘密体制脱却へ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

フリーメイソンが消滅の危機?情報発信して秘密体制脱却へ?

イギリスから生まれた世界最古といわれる
友愛団体フリーメイソンがネットを利用して
会員募集に乗り出したそうです。

フリーメイソンの会員は世界中におり
道徳的な教えの下理想の姿を目指して
互いの親睦を深めながら行動する、

という活動をしてるといわれますが
具体的な内容は不明。

よって秘密結社などとよくいわれ
様々な憶測が飛び交っている状況です。

ちなみに宗教団体ではなく
ロッジと呼ばれる各国に存在する組織が
それぞれ独自に会員の管理をしているという。

総本山や教祖などのリーダーはいないというから
なんとも不思議な団体です。



時には政治などの陰謀論にも
登場することもあるフリーメイソンは
神秘的ともいえる存在ですが
最近は会員数が減少しているという。

それを防ぐため自ら情報を発信して
消滅を回避しようとしています。


アメリカの組織らしきページには
設立や沿革などの基本から
初代大統領のジョージ・ワシントンや
ベンジャミン・フランクリンが会員だったことや、

会員数は世界で500万人おり
そのうちアメリカ人が200万人いて
イギリス人は48万人ほどいる、
などの情報を発信している。


ただ入会の儀式に参加しても
それっきりの人が多くて
なかなか上手くいってないとのこと。

しかし退会者数は減少傾向にあるから
一定の効果があるとしている。


ちなみに日本にも組織がありますが
具体的な活動内容は不明です。




イラスト図解フリーメイソン 近現代史を動かし続ける友愛団体の真実

フリーメイソンの謎に迫る一冊。
図解でわかりやすく何も知らない人向けですね。

あと余談ですが民主党本部の看板にも
フリーメイソンのシンボルマークがあります。



楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。