ホーム » スポンサー広告国内 » キラキラネームが増えたのは時代の流れ?子供の名づけは音が重要

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

キラキラネームが増えたのは時代の流れ?子供の名づけは音が重要

最近変わった名前を
子供につける親が増えていますね。

通称キラキラネームと呼ばれるそれは
聞かないと読めないものばかり。

例えば瑠思や知心流である。
(前者はるうしい、後者はちろると読む)

中には人気キャラの名前をとり
輝宙(ぴかちゅう)なんてのもあるそうなので
もうなんでもありです。



子供がかわいそうだと
批判も多いキラキラネームですが
これも時代の流れかもしれません。

昔は女の子の名前といったら
子を後ろにつけるのが定番でしたが
最近は子を「か」に変えて
今風の名前にする人も多い。

また、「こ」をつけるなら
二文字の「りこ」などになることが多いという。

男性も昔ほど「~~お」が減ってきてます。


ちなみに昔から変わった名前の子供はいたが
最近はみんなと同じだったら目立たない、
という心情が強くでているのかもしれないといわれる。

また、核家族が増えてきたので
両親や祖父母が名前を考える機会が減り
神社に相談する人も減っているという。

やはり時代は変わっているんですね。


そんな中みんなと同じような名前は嫌だけど
キラキラネームもあれだからギリギリのところで
決めている親もいます。

ちゃんと音の響きや姓名判断をして
漢字もよく考えて決めているそうなので
それがある意味ベストかもしれません。


一口に名前といっても深いので
学びたい方はこの本などをみるといいですね。




世界で通用する子供の名前は「音」で決まる

音が昔から重要視されていたのは
ほとんど知られていないかもしれません


安いので手軽に買えます


楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。