ホーム » スポンサー広告健康ニュース » 突然死が最も多くなる時期と時間|対処法はとても簡単

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

突然死が最も多くなる時期と時間|対処法はとても簡単

人は突然死ぬことがあります。

特に起床後2時間は血圧が上がり気味になったり
血が固まりやすくなるので脳梗塞や心筋梗塞を
起こしやすいそうで魔の時間といわれています。

心臓による突然死が最も多くなる時期は7月と12月、
時間帯で言うと午前6時から11時らしく、
年間6万人も死亡してるとのこと。


Jリーガーの松田直樹選手が
亡くなったニュースは記憶に新しいですが
彼が倒れたのは午前10時頃。

午前中は急な運動は避けるべきです。



脳梗塞や心筋梗塞のリスクを下げるには
起きたらまずコップ1杯の水をのむこと。



それで血液の粘土が低下するので
血栓ができにくくなります。

そして仕事を始めてから
90分くらいで疲労がたまるので
チョコレートを食べるとよい。

チョコにはポリフェノールが含まれているので
活性酸素の除去に繋がります。

労働災害は午前10時から11時の間と、
午後2時から3時の間に最も起きやすいという。


少し集中力が切れる時間帯ですね。


あと起床時間を決めることで
快適な目覚めを得ることができます。

人は90分ごとにノンレム睡眠という状態になり
そのときに起きるのが最適です。


突然死はひとごとではないので
全員がよく知っていてほしいことです。



突然死あなたは大丈夫?

健康な人でも安心はできない!?

生き抜くためのヒントが学べます



楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。