ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » 元社員が語る九州電力の問題点|移住キャンセルや0円補助金

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

元社員が語る九州電力の問題点|移住キャンセルや0円補助金

元九州電力の社員である
徳田勝章氏が名前を隠さず
堂々と原発の反対を訴えています。

彼は鹿児島県薩摩川内市
峰山地区コミュニティ協議会の
会長を務める人物で、

その地区は以前に
あしたのまち・くらしづくり活動賞で
内閣総理大臣賞を受賞している
すばらしい場所です。

観光地として栄え始め、
移住を希望する人も多くいましたが
東日本大震災が起きてから事態は急変します。


理由は川内市に原発があったため・・・



それで移住をキャンセルする人が続出し
福島原発と同じことが起こるのでは?
という危機感が市民の間でも高まったので、

徳田さんは市長に
1号機と2号機の安全対策と
3号機の建設中止を訴えましたが

国の対応を待って考える

という返答にがっかりしたという。


そもそも徳田さんは川内原発の
3号機の増設の仕事を受け持っていたことがあります。

それで建設に反対する理由は安全性とお金の問題です。

安全性はいうまでもありませんが、
補助金は川内市に入るだけで
峰山地区には1円もはいってこないという。


徳田さんは道の駅とかレストランとか
雇用を生み出す再生可能エネルギーの
研究施設の誘致などもしたいそうですが、
九電はそんなことを全く見向きもしないと批判しています。

まあやらせをするくらいですから
考えていることは保身くらいだと思われます。

ちなみに川内市内の九電社宅は
街中にあるため原発から距離が離れてるそうです。



さらにこんな危ない情報がもりだくさんです。




原発をすすめる危険なウソ

福島原発の事故が起こる前から
こんなに指摘があるんです



楽天ブックスより
関連記事
タグ / 九州電力

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。