ホーム » スポンサー広告国内 » 難関校でも軽々合格してしまう超天才の数々の逸話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

難関校でも軽々合格してしまう超天才の数々の逸話

週刊ポストを立ち読みしていたら
おもしろい話題が載っていたので
少しだけシェアしたいと思います。

この時期は受験シーズンまっさかりで
難関校といわれる学校もそろそろ始まります。

ただ難関といわれるところでも
簡単に合格してしまう超天才児がいるといいます。

たとえばそういう人は

幼稚園のときから数字を瞬時に暗記してしまう、

一回かけた電話番号は忘れない、

数独を親より先に解いた、

灘高時代に数学オリンピックに出る、

小4で三角関数をマスター、


などなどすごい話ばかりです。


そのような人は努力というより
元々すごい才能を秘めているように感じます。

もちろん努力の場面もすごいですよ。

そういう人たちのもう一つのすごいところは集中力。

ふつうは難しい問題を出されると
嫌になってすぐ投げ出したがるものですが
天才君達は熱中して解けるまでやめません。


彼らみたいな頭の作りにはなれませんが
集中力をつけるとすごいことができる、
ということを学べた気がします。

この話をもう少し詳しく知りたい場合は
週刊ポストのこの号を見てみてください。




週刊ポスト 2012年2月10日号(ココデカウ)


きっと驚くと思います
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。