ホーム » スポンサー広告政治 » 国やマスコミを鋭く批判した良書「政府は必ず嘘をつく」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

国やマスコミを鋭く批判した良書「政府は必ず嘘をつく」

最近東日本大震災や原発事故の
政府や東電の対応が大々的に批判されてますが
それと関連する良書を見つけました。

タイトルは「政府は必ず嘘をつく

まさしくといったタイトルです。

大きな事件や事故が起こると
必ずといっていいほど安全だといいますが
実際はそうではない例がたくさん。

特に今回の地震ではそれが多くありましたね。

あとその書籍は日本だけでなく
海外の知られていない事実も載っています。


たとえばリビアについてです。

日本人のリビアに対するイメージは
何十年も独裁政権により市民は苦労してきた、
という感じだと思いますが、
実はかなり社会制度が充実した国でした。

例えば教育費も医療費も無料で、
電気代も無料なのです。


さらにカダフィ大佐は
国民全てが家をもつことが義務と考え、
新婚夫婦には5万ドルの住宅購入補助金を支給し、
失業者には無料住宅を提供します。

あと車代は政府が半分払ってくれたり
税金もないというから驚きです。

リビアはアフリカの中でも
かなり発展した国だったのです。


日本のメディアは悪い所ばかり報道してきたので
こういう事実を知ってる人は少ないでしょう。


あとTPPの問題はスポンサーである
大企業に気をつかってマスメディアは
積極的に報道しないとか、

アルゼンチンは一時危機的状況だったが
驚異的な復興を遂げた事実があるのに
日本政府やマスコミはそれを知らないのか?


なぜ先例から学ばないなど
ズバズバ批判しているところがまたおもしろい。


今回紹介した話はごく一部ですが
それらの内容に興味がある方は
是非読んでみる事をおすすめします。




政府は必ず嘘をつく


新書なので買いやすい値段です

あと楽天ブックスなので送料もかかりません
関連記事
タグ / 政府の嘘

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。