ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » セックス依存症の人も増えている?倉田真由美と岩井志麻子が語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

セックス依存症の人も増えている?倉田真由美と岩井志麻子が語る

近年の日本人にはセックスレスの人が
とても増えているという話題をよく耳にします。

しかしその反対に
セックス依存症になる人も増えているそうです。


その名の通り依存症の一種であり
立派な精神疾患の一つに数えられてる病気です。

いろんな男性を見てきた漫画家の倉田真由美さんによると
必ずしも女性とトラブルになったとか性的なトラウマなどが
あったから陥るものではないといいます。

つまり何のコンプレックスがない人でも
セックス依存症になる可能性があるってことです。


そして作家の岩井志麻子さんの持論によると
セックス依存症になりやすいタイプが存在するといいます。

まず1つは好奇心旺盛でコレクター心がある人

コレクターは物を集めたいと思う人なので
熟女・CA・外人などなどいろんな人と
してみたいという願望もあるといいます。

2つ目は体やセックスに自信がある人

自信がある=腕試し的にしてみたくなる傾向がある
といいます。

3つ目は本音があまり言えない人

これはどういうことかというと、
人間は恥ずかしいことは何かと聞かれると
すぐにいえない生物がゆえに
何かを隠すためにセックスをするのでは?
ということらしいです。

たしかに心理的にありえそうなことです。


というか実例がたくさんあるので
ただ世間にしられていないだけですね。




名前のない女たち(セックス依存症編)


かなーり深刻ですよ


楽天ブックスより
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。