ホーム » スポンサー広告スポーツ » 猫ひろしにかけられる疑惑|スポンサー契約で1億円GET?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

猫ひろしにかけられる疑惑|スポンサー契約で1億円GET?

猫ひろしがマラソンカンボジア代表として
ロンドンオリンピック出場が決まりましたね。

しかしそれに多くの批判が出ているのです。

彼は2010年12月にカンボジアの大会で
3位になったことが評価され、
国籍を変更して出場を打診されました。

でもオリンピック標準記録に達してないため
彼は特別枠で出ることになります。

そこまではいいのですが、
日刊ゲンダイの報道で状況がかわります。


ゲンダイは猫がいくら稼ぐのか、
という記事を掲載したのです。



猫は企業とスポンサー契約を結んでなかったが
五輪出場が決まれば契約金がドカンと上がるため
今回の国籍取得などの行動は
それを見越してのことだといわれています。

ちなみに金額は1億円以上といわれている。

さらにオリンピック後はテレビに間違いなく
呼ばれるのでガッポリ稼げることになります。

それでカンボジアに寄付しろとか
恥ずかしくないのかなどの批判が
噴出したというわけです。

あとライバルの謎の出場辞退や
オリンピック後は日本に戻るとしているので
疑惑の目を持つものも少なくないといいます。

今後どんな報道をされるのか少し不安ですね。
やっぱり頑張ってる人は応援したいと思うので。


まあこの本でもあるように、




オリンピックは金まみれ 長野五輪の裏側(HMV 楽天市場ストア)


大きなイベントや組織となると
それなりに怪しい話は出てくるものです。

関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。