ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » AV女優のギャラ5万が当たり前?売れっ子でも下がるのがふつう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

AV女優のギャラ5万が当たり前?売れっ子でも下がるのがふつう

不況が解消するどころかどんどん悪化する今日この頃。

前回はAV業界の経費削減などについて
お伝えしましたが今回もその関連話です。


AV女優は売れっ子ともなると
1本で400~500万のギャラが出てましたが
今では100万ほどに大きく下がってるそうです。

90年代後半にAVクイーンと呼ばれた小室友里によると、

ギャラは後から下がっていくのが通常で
私の場合最初は1本100万で
最終的に70万まで下がってしまった

今の女優は最初から5とか10万とかで
出演するのがザラといいますが私はそのギャラではでない

嫌な思いや失うものの対価としてギャラがあると思うから

今の子は素人の趣味みたいな感覚で出ているのでは?


とコメントしています。


また、AVプロダクションの人は、

ホームページでギャラが100とか50とかと
PRしているけどそれはMAXの数字で

単体女優でもよほど売れないと
2本目からは一気に10万になるといった具合になる

企画物は1本5万で脱ぐ人が大勢おり
納得されなければ代わりはいくらでもいる、


と思っているらしいです。


その話をきくと5万ではヤダけど
生活のために仕方なく脱いでいる、
と言う人も中にはたくさんいるかもしれません。

今でもAVの新作は月に2000本以上出て
市場規模は4~5000億円もあるそうですが
それもだんだん縮小しているとのこと。

早く景気がよくなればいいものですが…

ということで活性化の願いも込めて
コメントしてくれた小室友里さんの作品を紹介します。




小室友里 / ひとツマ(ネットショップ駿河屋)


さすがクイーンと呼ばれただけあって
すごく綺麗だと思います



関連記事
タグ / 小室友里

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。