ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » PTA役員決めの母親の苦悩|中には立候補して陰口をいわれるケースも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

PTA役員決めの母親の苦悩|中には立候補して陰口をいわれるケースも

4月は学生の子供をもつ母親が
地味に大きく悩む時期でもあります。

なぜかというとPTAの役員決めがあるからです。

これが思った以上に深刻で、
中にはフルタイムで働いてる人が
運悪く当たって泣き崩れるという事例もあったそうです。

あと専業主婦が選ばれる場合が多いですが、
中にはガンであることを涙ながら告白し
その場が凍りつくという事例も・・・



そこまでいかなくてもほとんどの人はやりたくないので
シーンとなって重苦しくなる場面がよくあるとのこと。


これはまるで小学生の役員決めと一緒ですね。



さらには・・・

他の人がやりたがらないってことで
思い切って立候補したのはいいものの、

他の母親からでしゃばってるとかしゃしゃりでてるとか、
何かおいしいことでもあるんじゃないか
などと
陰口をいわれることもあるそうです。


ちなみにその話にはウラがあって、

実は他に役員をやりたい母親がいたそうですが、
自分で手を挙げるのは格好がつかないから
友達に自分を推薦してくれる係りをやらせ、

嫌々なったけどがんばる、というような
シチュエーションを立ててたようです。



それを他の母親が手を挙げたものだから
計画がぶち壊しになり陰口を言い始めたという・・・


いやはや困ったものです…



こんな例は稀だと思いますが、
母親になって子供が出来たら
ほとんどの人が通る道だと思います。

そこで今日はこんな本を紹介します。






まさかわたしがPTA!?


おそらくPTAのイメージが変わると思います

悩んでいる方は必読です




楽天ブックスなので送料がかからずお得です


関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。