ホーム » スポンサー広告国内 » 偏差値30から全国模試1位になった男・泉忠司の成功法則(考え方)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

偏差値30から全国模試1位になった男・泉忠司の成功法則(考え方)

泉忠司さんという方をご存知でしょうか?

俳優や脚本家など幅広く活動されている方で、
高校時代は偏差値30でしたが
半年で全国模試で1位をとったすごい経歴の持ち主です。


彼はどうやってそんなすごいことができたのでしょうか。


しっかり勉強したのはいうまでもないですが、
考え方が普通の方と大きく異なっています。

学校の中でいくら勉強ができても
ライバルがどこにいるのかわからないということで
自宅で模擬試験を受けてみることに。

自分は英語をやり他は自分の高校の
各科目トップの人がやります。

そしてその答案を自分がやったことにして
結果をみると全国1位だったという。

それにより国語では目の前にいる
こいつに勝てばいいという目標ができます。



よって何千人抜くにはどうすればいいか、
ではなく5人になって一人一人の実力が見えれば
かなり状況はかわってきたという。


そしてモチベーションのあげ方としては
俺でもできるんじゃないかと思うこと。

さらに100のことを100覚えるのではなく
いかに1で済ますかを考えるといいます。



がむしゃらに覚えるのではなく
最短でクリアするにはどうしたらいいか、
という考え方ですね。


これは多くの人に参考になるのではないでしょうか?


彼の考えをもっと深く知りたいなら
書籍を読んだほうがいいですね。




コンフィデンスシンキング 成功のための7つの絶対原則
(CD&DVD NEOWING)


かなり興味深い内容です

関連記事
タグ / 泉忠司

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。