ホーム » スポンサー広告国内 » 富士山が3年以内に噴火?|専門家が指摘する兆候現象

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

富士山が3年以内に噴火?|専門家が指摘する兆候現象

最近富士山の真下にまで
活断層が延びている可能性があると
文部科学省が発表しました。

それにより震度6の地震を
発生させる可能性があるそうです。


もちろんそれもものすごい脅威なのですが
最近の状況的に噴火のほうが怖そうです。



実は富士山噴火の前兆ともいえる現象が
いくつも観測されているのです。


そのひとつが水噴火。

水噴火とはマグマのかわりに水が噴出す現象ですが
噴火とメカニズム的には同じだそうなので
状況はあまりかわらないという。


ここ2年以上にわたって数ヶ月おきに水が湧き、
富士五湖の水位も高くなっているといいます。


また、この1年ほどで河口湖の底から湧き出る
天然ガスの量がかなり増加してたり、

自衛隊の演習地に大きな穴があいて
50度ほどの噴気も立ち上っているとのこと。



それらのことを考慮すると
向こう3年以内に噴火が起きる可能性が高い、
と一部の専門家は警告しています。


これは非常に気にすべき情報だと思います。


富士山は噴火するわけないと
思っている人が多いと思いますが
富士山は死火山ではなく「休火山」です。


つまりまた噴火する可能性がある山なのです。


東日本大震災も、
起こるまではこんなことが起きるなんて
誰も想像していなかったと思います。


今度こそ油断せずに警戒しておくことをオススメします。


今回警鐘を鳴らしたのは
琉球大学の木村政昭名誉教授ですが
彼は書籍でも警告しています。





富士山大噴火! 不気味な5つの兆候(オンライン書店boox)


ものすごい被害が出ると予想されています
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback from 2012-05-23 Wed 20:53:43

-

管理人の承認後に表示されます (more…)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。