ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 「練習」の事実を聴取しない教育委員会に批判殺到|滋賀県いじめ問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

「練習」の事実を聴取しない教育委員会に批判殺到|滋賀県いじめ問題

滋賀県大津市で自宅マンションから飛び降りて
自ら命を断ってしまった中学男子生徒について
かなり騒がれています。

いじめの事実が発覚したのは11年10月のこと。

それで教育委員会は全校生徒に向けて
アンケートを実施したところ
何回も自殺の練習をさせられていた
という回答がいくつかあったという。


しかし、教育委員会はいじめが原因か不明で
練習させられた事実をつかんでいないと説明。

それもそのはず、事実をつかめていないのは
いじめた生徒を聴取してないためです。


なぜ聴取しなかったのかと質問したところ、

いじめた側にも人権があり聴取すれば
生徒や保護者からいじめを疑ってるのか
という不信感を抱かせるかもしれない、と


なんとも弱気なコメントを発表します。


それでネット上で教育委員会に対する
非難が集中し大炎上します。


死んだ子の尊厳・親の無念
それらを無視して人権を語るな

一方的に他人の人権を奪ったやつが
人権に守られるっておかしな話


などなど厳しい指摘が多数投稿されてます。


たしかに人権の問題は必ず絡んでくることですが
それでも妙な甘さは気になります。

いい加減学校側も委員会も本腰入れないと
ダメなような気がします。




子どもに聞くいじめ


実際子供に聞かないとわからないことだらけです

大津市の人ではないですがその本にはいじめの体験や
いじめた側の証言などが載っています


教育関係者はこういうのを読んで
勉強しなおしたほうがいいのではないでしょうか


関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。