ホーム » スポンサー広告国内 » なぜ男性はパンチラが好きなのか|日本の歴史が大きく関係していた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

なぜ男性はパンチラが好きなのか|日本の歴史が大きく関係していた

パンチラと聞くと世のほとんどの男性は
注目し反応を示すことだと思います。

パンツはただ布で出来た装着物なのですが
なぜここまで注目されるのか
冷静に考えてみると少し不思議な気もします。

そのことについて詳しく分析した人物が
国際日本文化研究センターの井上章一教授です。


教授の研究によると
女性は縄文時代から数千年もの間
パンツをはくという習慣がなく、

1930年代の後半に入ってから
ようやく一般化したのだそうです。

そして1957年には際どい小ささで作られたパンティ、
スキャンティが世に出回り始めます。


その頃からパンツをみられるのは恥ずかしい
おしゃれはしたいけどふしだらと思われたくない

という感情が芽生え始めたそうです。


さらに60年代後半になるとミニスカブームが到来し
パンツが見えるとうれしいという感情が男性に芽生え始めます。



つまりパンチラ文化というものは
1950~60年代に生まれたことになり
そんなに昔の話ではないんですね。


秘密にしたい・隠したいということほど
知りたく見たくなるものですが、
日本の場合は歴史的背景も
大きく関係していたんですね。


もちろん本能的な意味合いも大きいと思います。


ビキニを見るよりパンチラの方が興奮する、
という人はけっこういると思います。

それは予期しなかった良いことが
突然起こってくれたという不意打ち要素があるので
嬉しい感情が強く出るのかもしれませんね。


羞恥心の歴史について興味があるなら
井上教授の本を読んでみるといいですよ。




パンツが見える。(楽天ブックス)


なかなか興味深い内容になってます

ここまでパンチラについて研究されたのは
彼以外聞いたことがありません




ちなみに1957年から流行りだした
スキャンティとはこういう感じの下着です。




スウィートイチゴのホルターネック三角ブラジャー&Tバックセット(スキャンティー)



たしかにお洒落ですがすごい際どいので
恥ずかしくなるのも無理はないですね



関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。